あまりなじみのないカルニチンだが、中性脂肪、脂肪酸を活発に燃やしてくれる。

運動不足の人に必須の成分

カルニチンは、日本では比較的新しいダイエットのアイテムですが、アメリカでは以前からなじみのあるダイエットとして知られていました。

アメリカでは、スポーツが苦手な人い連動する暇がない人、仕事で座っていることが多い人、1日中車に乗っている人などがカルニチンのサプリメントを愛用しています。

 

カルニチンは、必須アミノ酸であるリジンとメチオニンによって主に肝臓で生成され、主に骨格筋と心臓の筋肉に含まれています。

 

カルニチンは、細胞内のミトコンドリアの膜の部分で待ち受けて、血液で運ばれてきた脂肪酸を次から次へと分解して、ミトコンドリアに送り込んでいき、やがてエネルギーとして消費されます。

 

しかし、ミトコンドリアに入れなかった脂肪酸は、エネルギーとして消費されず脂肪に合成されて体内に蓄積します。このようにカルニチンは、血液中の脂質を筋肉に運び代謝を促進するために重要な働きをしているのです。

 

しかし、カルニチンは20代をピークに年を取るとともにだんだん減少していきます。これは、体内の合成能力が衰えるためです。そこで、体外からカルニチンを補ってやることが、肥満防止になるというわけです。カルニチンは、食べものでは肉類に含まれており、ラム肉には豚肉の5倍のカルニチンが含まれています。

カルニチンはサプリで摂取する

カルニチンは、心臓の筋肉に多いことから、心臓の働き朋にも重要なかかわりがあります。心臓は、心筋という筋肉によって日夜動き続けています。

心筋のエネルギーとなるのは70% が脂肪なので、年とともにカルニチンが減少して心筋に取り込まれる脂肪が少なくなります。そうすると心臓の動きが悪くなるのです。このことから、カルニチンは血液透析、肝硬変、糖尿病、心臓病、心筋などの動脈疾患、静脈栄養など医療現場でも使われているのです。

 

カルニチンは必須アミノ酸から生成されるので、アミノ酸を多くとっていると体内のカルニチンを増やしてくれると考えられます。牛肉、ラム肉の赤身の部分には、カルニチンそのものが多く含まれています。しかし、必要量のカルニテン(1 日3 0 0〜500ミリグラム)をとろうと思ったら、ラム肉を1日500クグラム食べなければいけません。とても、こんなには食べられませんよね。このように、食べものだけで必要量のカルニチンを摂取するのは難しいのです。いまのところ、サプリメントを利用するのが一般的です。

カルニチン - 効能、効果

葉っぱに血糖値を下げる効果が発見され、新たなダイエット素材として注目を集める。

果実ではなく葉っぱに有効成分が含まれる

グァバは、東南アジアや熱帯アメリカ原産のフトモモ科の植物です。日本では沖縄にも自生しており、ぱんじろうと呼ばれています。グアバの果実は、ビタミンCが豊富に含まれており、トロピカルなジュースとして人気があります。

 

しかし、このジュースは、ダイエットに効果がありません。ダイエットで注目を集めているのは果実のほうではなく、グァバの葉っぱのほうです。

グァバの葉っぱは、長さ5〜17センチ、幅4〜8センチの楕円形をしており、噛むと苦味や渋味があり、とても食用にはなりません。ただ、葉っぱは下痢や消化不良によく効くということで、一部では薬用として利用されてきました。

 

中国では血糖値を下げることから、糖尿病の薬として用いられてきました。しかし、近年、グアバの葉っぱに含まれる「グァバ葉ポリフェノール」が、血糖値を下げる効果があることがわかり、いちやく注目されるようになりました。

ポリプ工ノールは、お茶、ワインなどが有名ですが、グアバ葉ポリフェノールをはひとあじ違う働きがあります。

 

胃からは、食べものの糖質を分解してブドウ糖に変換する酵素が分泌されます。グアバ葉ポリフェノールは、この酵素の活性化をブロックするのです。糖質はブドウ糖に変換されなければ吸収されません。このことから、インスリンの分泌が抑えられるだけでなく、ブドウ糖が脂肪に変わる量が少なくなり、結果的にダイエットに効果があるわけです。

ポリフェノールのほか有効性成分が多く含まれる

グァバの葉っぱは、ポリフェノールのほか葉緑素、葉酸、ビタミンA・B2・C・E・カリウム、食物繊維が含まれています。中でも果実にもたっぶり含まれているビタミンCには、抗酸化作用があり、循環器系の病気を防止したり、皮膚の老化を防止する効果があります。

グァバの葉っぱは、一般的には乾燥させてお茶にして飲みます。そのほか、葉っぱからエキスを抽出した健康食品もあります。グァバ茶は、果実と違ってトロピカルな昧はしません。味はくせも匂いもなく、ほうじ茶のような感じでとても飲みやすいと思います。グァバ茶は日本茶と同じように、熱湯を注ぐだけでよく、甘く、ほのかな香りがただよってきます。

 

また、冷蔵庫に保存して、冷えたお茶にしてもおいしく飲めます。グァバ葉ポリフェノールを日日常的とるには、まさにお茶代わりにグァバ茶を飲むのが手軽です。しかも、グアバ茶は、ほかの健康食品よりかなり安いため、ダイエットを長続きさせることができます。

これまでは捨てられていた甲殻類の殻にダイエット効果があることがわかり、脂肪を吸収しない今、注目のダイエット方法、。

キチン・キトサンは脂肪を吸収しないようにする

キチンはエビ、力二をはじめとして、昆虫、貝、キノコにいたるまで、きわめて多くの生物に含まれている天然の素材です。地球上で1年間で1000億トンものキチンが生成されますが、ほとんど利用されてきませんでした。

 

キチンをアルカリで処理するとキトサンが生成されます。このキチンとキトサンを合わせて「キチン質」と呼びます。この膨大な資源をどう活用するか、いろいろ研究されてきました。その結果、工業、農業分野などでキチン・キトサンをさまざまな製品に加工する試みが行われるようになりました。そして、キチン・キトサンは、ダイエットにも効果があることがわかったのです。

 

脂肪を含む食べものをとると、それを消化するために体内で胆汁が出てきます。胆汁にある胆汁酸やリン脂質は、食品中の脂肪と混じり小さな油となりますが、この油はマイナスの電気を帯びています。そこヘプラス電気のキチン・キトサンをとると、油を吸着しておおってしまいます。

そしてキチン・キトサンの吸着した脂肪は、そのまま吸収されずに体外に排出します。つまり、キチン・キトサンには脂肪の吸収を肋ぐために、結果的にダイエットに効果があるのです。

便秘を解消して美肌効果もある

キチン・キトサンには、コレステロールの減少にも効果があります。これは、胆汁酸の吸着と関係します。体内のコレステロールは、食物から卯摂取するよりも肝臓で合成される量のほうがずっと多く、その合成は血液中の﹈レステロール値にも影響します。

 

肝臓のコレステロールからつくられた胆汁酸はキチン・キトサンと吸着し、排出されてしまいます。肝臓のほうでは、排出された分の胆汁酸をコレステロールを使ってつくることになるので、血液中のコレステロール値も下がってくるわけです。

 

さらに、キチン・キトサンには免疫力を高め、抗ガン剤の副作用をやわらげるといった作用があることが確認されています。また、キチン・キトサンは食物繊維なので、ダイエット、美肌の大敵である便秘の解消にも有効です。

 

市販されているキチン・キトサンは、力二、エビの殻を原料としているので、カニやエビでアレルギー症状を起こす可能性がある人は、摂取をひかえたほうがいいでしょう。また、キチン・キトサンの過剰摂取は栄養障害を起こす原因となります。脂質の中には、ビタミンA、D、E、Kなどの脂溶性ビタミン、あるいはミネラルも含まれており、こうした成分まで吸着して体外に排出してしまうからです。

キトサンの効能、効果はこちら。

お酒がタメな人でもできるビール酵母ダイエット。空腹感が少ないのでストレスもたまらない。

ビール酵母は満腹感が得られる

ビール酵母とは、ビールを製造するときに利用される発酵菌のこと。ビール製造工程でビール酵母は、大麦のミネラル、アミノ酸などの栄養を取り込みながら、どんどん増殖していきます。

 

発酵を終えた酵母は下に沈み、上澄み液がど− ルになります。いわばビールのカスビール酵母は、長い間家畜の飼料などに利用されていました。

 

ビール酵母の主成分はタンパク質です。しかし、ビタミンB群、カルシウム、鉄、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、リン、銅、亜鉛、マンガンなどのミネラルと、体に必要なものがほとんど含まれております。ところが近年、このど− ル酵母がにわかにダイエット食品として注目を集めるようになりました。

 

ビール酵母には食物繊維が多く含まれています。このことからダイエットの敵、便秘に効果があります。このほかビール酵母にはたくさんの栄養成分が含まれていますが、ビタミンA、C、Eが不足しているので、ほかの食品やサプリメントなどで補うのが理想的です。意外なことにど− ル酵母そのものには、直接ダイエットにつながる要素はありません。

 

それではなぜダイエットに効果的なのでしょう。それは、ビール酵母はグルカン、マンナンといった多糖体によって構成されており、これらが水分を吸収することで膨張して、満腹感が得られるのです。しかも、グルカン、マンナンは、腸壁を刺激して腸内環境をととのえるので、便秘解消にもなります。

空腹感がないのでストレスがない

ビール酵母ダイエットは、1日1、2食をど− ル酵母入りヨーグルトにすることで、力ロリーを抑えてやせる、低力ロリータイエット法になります。

 

ビール酵母は錠剤、粉末などになっており、これをヨーグルトに混ぜて食べることによって、満腹感が得られるのです。このダイエットは何も食べないで空腹感に耐えるダイエットとは違い、ストレスもたまりにくいといわれています。粉末のビール酵母の場合、ヨーグルト100グラムに対して、大さじ1杯をタマにならないようによくかき混ぜて食べます。ビール酵母には独特の臭いや昧があるので、混ぜる∃ −グルトは果肉入りのものにしたり、ジャムを混ぜたり、レモン汁を搾ったりと、 食べやすいように工夫してみてください。

 

また、ビール酵母は、アルコールではないのでお酒を受けつけない人でも安心してとれます。ただし、ビール酵母は核酸という成分を含んでいるので、痛風のけがある人には向きません。

サプリメントの活用で腸の掃除(ビール酵母)

 

低カロリー、低脂肪、良質タンパクの豆乳は、レシチン、サポニンなど健康に役立つ成分たっぶりのタイエツト食品。

オリゴ糖が便秘を解消する

豆乳ダイエットは、毎日豆乳1杯飲んで、その分ご飯の量を減らすことにあります。とくに食前に飲むと満腹感があり、食事の量が抑えられて効果的です。

 

豆乳は豆腐の製造過程でできるもので、主成分のタンパク質、脂質などの含有率は牛乳とよく似ています。このため昔から体にいいといわれていましたが、大豆臭を除いた調製豆乳が発売されるようになり、すっかり健康指向ドリンクとして定着しました。豆乳の原料は、ご存知のように大豆ですが、大豆にはイソブラボンという成分が含まれています。

 

イソフラボンは、体内で女性ホルモンと似たような働きをするため、老化防止、美肌効果などがあらわれるのです。とくに、イソフラボンは、更年期障害を軽くするということで、注目を集めています。

大豆イソフラボンの効能、効果はこちら。

そして、豆乳には、女性の大敵である便秘を解消する働きがあります。豆乳に含まれているオリゴ糖という成分は、水分を吸着しやすい特長があります。腸内細菌によってオリゴ糖が食べられると水分を放出します。そのことによって便が排出にちょうどよい水分量になります。

スムーズな排便のための「ラフィノース」頑固な便秘に悩む30〜40代の女性に評判

 

コレステロールがゼロなので安心

豆乳が健康にいいという理由のひとつが、低カロリーということ。豆乳とよく似た牛乳の3分の2です。しかも、タンパク質は牛乳より多く、脂質は少なく、コレステロールはゼロなのです。牛乳は、100グラム中12ミリグラムのコレステロールが含まれてガいます。

 

豆乳には、そのほか悪玉コレステロールをやっつけるレシチン、体の酸化防止に効果があるサポニン、フィチン酸など数多くの健康に役立つ成分が含まれています。

 

まさに、豆乳は、「健康のデパート」ですね。豆乳は大豆製品の中で最も吸収率がいいのですが、豆乳の吸収率をさらに高めるためには、乳酸菌の力を借りるため∃− クルトを加えるのもいいでしょう。また、牛乳の代用と考えれば、いろいろなバリエーションが考えられます。

 

バナナやイチゴと一緒にミキサーにかけたフルーツ豆乳は、朝食に最適です。3時のおやつにコーヒーと混ぜ合わせればコーヒー豆乳。さらに、豆乳は料理にも使えます。卵に豆乳を入れて焼き上げたオムレツは、ふっくらとします。また、冬には豆乳鍋もいいでしょう。

 

豆乳は肉や魚の臭みを和らげてくれるので、とてもさっぱりと仕上がります。豆乳は、さまざまなタイプが市販されています。水で溶く粉末豆乳もあります。ですから、必ず自分の好みの昧の豆乳に出合えると思います。豆乳を選ぶときは、「豆乳」あるいは「調製豆乳」と表示してあるものにしましょう。