断食で体重を減らしながら野草酵素で体を健康にします。体を内面から健康にして痩せるダイエット方法です。

断食+酵素を使ったダイエット

断食というと、「食べたい。食べたい」という欲求と闘うので、とても苦しい思いをしなければいけません。そんな中で、自分で食事を ントロールしやすい土曜・日曜日にだけ食事を断つ、週末断食をしている人もいるかと思います。しかし、楽しいはずの週末に水だけというのもけっこうつらいものです。

 

そこで、週末だけ「野草酵素」を飲んですごす「週末プチ断食ダイエット」という方法があります。野草酵素とは、数十種類の野草から抽出しエキスを発酵させた酵素液のことです。

最近は、こうしたダイエット以外にガン細胞を抑える効果も多数報告されています。

本来、野草酵素は、体の細胞を正常化させて痩せるのが目的ですからこうしたガンにも効くというホンモノの野草酵素がおすすめです。

最近は、ダイエットに効果が期待できることからあまり効果のい酵素もたくさんん出回っているのが正直なところです。

 

消化酵素に代表される酵素は、肝臓でつくられる成分で、約3000種類の酵素が体の中で働いています。酵素は、消化を助ける、腸内細菌を整える、体内の老廃物を分解して掃除する、傷ついた細胞に病原菌が増殖するのを抑えるなど、私たちが生きていくために必要な化学反応の触媒としての働きをしています。

 

肝臓が弱り酵素が不足すると、体のあらゆる機能が弱まって、肥満や生活習慣病、ガンなどの病気になったり、老化が進んだりします。そのため、外から酵素を補ってやる必要があります。

 

また、酵素を摂取することで新陳代謝が良くなり基礎代謝が高まります。そうするとエネルギー消費が増えるので、間接的にダイエット効果が生まれるのです。

糖質も含まれるのでツライ空腹感がない

通常の断食ダイエットでは、必要な栄養素が不足することから空腹を感じやすくなってしまいます。ところが、ビタミン、ミネラルが豊富で、健康を維持するために必要なエネルギーが補給できる野草酵素なら、空腹をそれほど強く感じないで、2日間を過ごすことができます。

 

また、断食をすると頭が働かなくなり、元気がなくなる人もいます。これは脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖が不足するために起こるからです。

脳にエネルギーを与えるにはブドウ糖が含まれた糖質が必要となります。野草酵素には野菜や果物などから抽出された糖質が含まれていて、ブドウ糖切れを起こすことはありません。

 

週末プチ断食は、ダイエット効果だけではありません。短期間飲食を断つことで、毎日酷使している胃腸や肝臓などの内臓が休まります。そうすると内臓の活力が回復して体の免疫力を高めることができます。体に蓄積していた宿便や老廃物も排泄することができます。

週末プチ断食ダイエットのスケジュール(金曜日〜月曜日)

金曜日

  • 昼食
    普段より少なめ
  • 夕食
    いつもの半分の量で就寝3時間前までにすませる。
  • 大事なポイントは、いつもより多めに水分を摂り、カフェイン、アルコールを控え早めに寝る。

土曜日

  • 朝食
    野草酵素キャップ1杯
  • 昼食
    野草酵素キャップ1杯
  • 夕食
    野草酵素キャップ1杯
  • ほぼ1日食べないと体が消化・吸収から解放されて疲れていた胃腸が回復する。

日曜日

  • 朝食
    野草酵素キャップ1杯
  • 昼食
    野草酵素キャップ1杯
  • 夕食
    野草酵素キャップ1杯
  • 昼間は意識して体を動かすようにする。夕方以降、自律神経の交感神経が活発になり、胃液の分泌が高まってくる。ここが踏ん張りどころ。体を動かすのがつらければ横になって体を休める。就寝まで食べないようにする。

土曜日、日曜日で野草酵素でだけでどうしても足りない場合は、朝、昼、夜にリンゴを1個ずつ追加してもよい(1日3個まで)

それ以外は胃にものを入れないように注意する。

月曜日

  • 朝食
    お粥
  • 休んでいた胃腸が驚かないように消化のようものを食べる。お粥と梅干しがよい。

低カロリーで栄養バランスのいい糖尿病食は、ダイエットに最適。しかも、工夫次第ではボリューム感もたっぶり。

糖尿病治療のための食事療法はダイエット食と同じ

代表的な生活習慣病である糖尿病は、通常、食事療法と運動療法を取り入れることによって病気の改善をはかります。糖尿病患者がとる食事は、血糖値を下げることが目的のメニューなので、低力ロリーであるとともに栄養バランスがとても良いという特長があります。

つまり糖尿病食は、ダイエット食と同じなのです。食べながら血糖値を下げるなどはダイエットにも役立つ情報がたくさんあります。

たとえば、

などです。基本的に血糖値が急上昇しない食べ方は太らない、ダイエットに適した食べ方になります。

 

簡単に糖尿病について説明しておきます。

わが国の糖尿病患者は年々増えており、厚生厚生労働症の調査によると、「糖尿病が強く疑われる人」は推計で800万人、「糖尿病の可能性を否定できない人」を合わせると、推計1800万人にものぼり糖尿病は、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンが足りなくなったり、うまく細胞に作用しなくなることによる病気です。

インスリンは、食事をしたあと血糖値が上がらないように、調節する働きがあります。インスリンが不足したりうまく作用しないと、ブドウ糖が血液の中に残り、高血糖状態が続きます。

 

糖尿病が恐いのは、高血糖状態によって起こる合併症です。神経障害、網膜症、腎症を3大合併症と呼び、血糖コ ントロールをしないでいると、糖尿病発症時から10〜15年でこれらの合併症が出てきます。糖尿病の詳しい合併症はこちら

低カロリーでもボリュームはたっぷり

糖尿病食は、その人の体重によっても違いますが、1日1200〜1800 キロカロリーと、かなりの低カロリーになっています。そして、食べてはいけないものはありませんが、自分に合った分量で、必要とするすべての栄養素をとります。

 

良質なタンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれていて、糖質60% 、脂質20〜25 % 、タンパク質15 〜20% の正しいバランスの糖尿病食は、ダイエットにそのまま応用できます。

 

ただ、エネルギー計算がめんどうくさく、あるていど食品成分の知識がないと、なかなか計算した食事は作れません。そこで、最初は、食品メーカーの糖尿病食を利用してみるといいかもしれません。冷凍食品、半調理済みなど、カロリー別にさまざまな料理があります。さらに糖尿病食のケータリングなどもあります。

  • 最初は1500キロカロリーの糖尿病食から始める
  • 冷凍食品、半調理済み、ケータリングなどの糖尿病食を利用する
  • 糖尿病向けの健康食品の利用もおすすめ
糖尿病患者向け食品(血糖値を下げる、またはHbA1Cを下げる効果のあるものはダイエットにも効果があります)