アイソメトリックスから生まれたチョー簡単ダイエットで、気になる部分を引き締めよう。

いつでもどこでも道具なしに手軽にはじめられるダイエット

7秒ダイエットは、アイソメトリックスというトレーニンパノ法をアレンジしたものです。アイソメトリックスとは、場所、特別な道具を必要としないで、いつでもどこでもできる筋力トレーニングです。

 

アイソメトリックスは短期間のトレーニンガノで筋肉が増加し、基礎代謝量を増加させる効果があります。体の中でも大胸筋、広背筋肉、大腿四頭筋、腹直筋などの大きな筋肉を鍛えるのが基本です。

筋肉は、通常、力がかかっていると太くなっていきますが、筋肉の繊維が増えているわけではありません。ところが、力が加わって7秒くらい止めると、筋肉の繊維が増えるのです。

 

たとえば、壁や柱などのように動かないものを全力で押すとか、バスタオルなどのように伸び縮みしないものを引っ張るという単純なトレーニングを行います。

 

筋肉は、全力で力を入れると数秒で最大筋肉量を発揮するようになります。その状態で止めて合計7秒のトレーニングが基本となリます。こうして、効率良く筋肉を増やしていけば、基礎代謝が高まって、太りにくい体になるのです女性は、筋肉というと「ムキムキになるのでは」と心配しますが、7秒ダイエットでは筋肉ムキムキの心配はありません。そもそも女性は筋肉がつきにくい体質なのです。

7秒間力を入れるだけという手軽さ

このエクササイズの特徴は、家庭にあるバスタオルや電車の吊革、オフィスのロッカールームやデスクを利用してどんなところでもトレーニンクすることができ、特別な用具がなくても行えることです。また、筋肉痛になりにくかったり、関節への負担が少ないのでトレーニング初心者でも簡単に始めることができます。

 

エクササイズを行うにあたってのポイントは、3つあります。まず、「ここを引き締めたい」という鍛える部分の筋肉を意識しながら押したり引いたりすることです。そして、力を入れている7秒間は、呼吸を止めないことです。3つ目は、ひとつの動作を全力で行うことです。このときに全力だからといって呼吸を止めてしまったりしがちですが、それは禁物です。必ず呼吸をしながら行うことがポイントです。

 

ひとつのポーズを7秒間行い、少し休憩して、さらにもう7秒間行います。こうして1ポーズ7秒間を5回行うわけです。1 日にこれを3回、週に3、4日行うと効果的です。始める前に軽いストレッチをしておきましょう。また、余裕があれば7秒ダイエットに太極拳やバランスボールなどゆったりした動作をする運動をミックスしてみましょう。

 

7秒ダイエット 引き締めたいパーツ別ポーズ
脇腹
右足でタオルの端を踏み、右手で反対側の端を短めに持つ。左ひじを頭の上まで上げて、わき腹を伸ばして7秒。反対側も同様に。わき腹のたるみに効く
腹筋
太ももにタオルをかけ、両端を握って下に向けて押し下げる。同時に押さえられた足を上に持ち上げるように力を入れて7秒。両ももとも同様に。腹筋に効く
ヒップ・裏もも
イスに座り、背もたれを後ろ手につかむ。足を床からすこし浮かせ、一番近いイスの足にかかとをつける。そのまま後方に力を入れながら7 秒。ヒップや裏ももに効く
外もも
両太もものまわりにタオルを巻きつけ、上で交差させる。タオルの両端を握ったまま思い切り引っ弓長ると同時に、太ももを開くように力を入れて7秒。外ももに効く
上腕・胸筋
体の前でタオルの両端を握り、胸から15cm程度の位置で左右に引っ張って7 秒。上腕、胸筋に効く
背筋
うつぶせに寝て、左手をあごの下へ、右手を前方へ伸ばす。同時に左足を浮かせるようにして7 軌反対側も同様に背筋に効く

女性なら体のくびれが憧れ。簡単なストレッチでくびれをつくってダイエットしよう。

くびれをつくれば代謝がアップする

女性は、「くびれ」が大事です。足首、太もも、ヒップ、ウェスト、バスト、二の腕と、くびれがあれば、理想的な体形を保てます。

 

部分的なダイエットは基本的に無理だといわれてきました。しかし、体に負荷をかけるストレッチで、部分的な筋肉を引き締めてくびれをつくることが可能なのです。このストレッチのキーワードは「基礎代謝」です。基礎代謝とは、人間がじっとしていても失われるエネルギーのことです。

 

基礎代謝は、人によって違いがありますが、1日に1300〜1600キロカロリーといわれています。基礎代謝は、20代をピークに年とともに減少していきます。

 

また、女性は男性と比べて脂肪量が多いため基礎代謝が少ないのです。同じ量を食べて同じ運動をしているのに太ってしまう人と逆に太らない人がいます。

 

この差は、基礎代謝の違いからきます。つまり、基礎代謝が高い体質の人は太りにくく、基礎代謝が低い人は太りやすいのです。

 

この基礎代謝の38%が筋肉の動きによって行われます。体のあらゆるところに筋肉があるので、ある部分の筋肉を柔軟にすればそこが活発に代謝して、脂肪がたまりにくくなるというわけです。体の筋肉が硬くなると、縮んだ筋肉が血管を圧迫するため、酸素や栄養がスムーズに筋肉に取り込まれなくなります。そうなると、筋肉はますます動きにくくなり、基礎代謝が低下してしまいます。

 

そして、代謝できなかったエネルギーは体脂肪として体に蓄荘傾してしまうのです。そうならないためにも基礎代謝を高めてやる必要があるのです。

 

ストレッチを繰り返す具体的な方法は、まず、引き締めたい筋肉に軽い抵抗を与えて緊張させて、そのあと最大限伸ばしてやります。簡単にいえば、「クツ」と短時間力を入れて、そのあと「フー」と緊張を解き放すわけです。ウェスト だけでなく、ヒップの筋肉をストレッチしてヒップアップ、ふくらはぎの筋肉をストレッチして引き締める、肩の内側の小さな筋肉をストレッチして肩こりを解消するなど、さまざまな部位で応用できます。このストレッチは、1回1分という超お手軽ダイエット です。

 

朝起きてすぐ、出勤前、昼食前後、3時の休憩、仕事が終わって退社前、帰宅してすぐ、夕食前後、就寝前と、どんな時間にでも行えます。最低1 日5 回行ってください。とくに食事前に行うと、交感神経が刺激されて、食欲が抑えられ、代謝が向上します。

 

女性にとって骨盤は大切な器官。ズレた骨盤を開いた状態にして、交感神経を活性化しよう。

交感神経を活発化させる3ポイントはこちら。

自分の骨盤がズレていないか確認する

骨盤矯正ダイエットは、ここ数年、テレビや本で紹介されすっかりおなじみになりました。実は、整骨院などでは、「骨盤のゆがみを直すだけで体重が3〜4キロも落ちる人もいる」と昔からいわれていたことなんです。

 

骨盤は、動かないと思われていますが、呼吸に合わせて前後左右に動いたり、開閉したりします。女性は、排卵で閉まり、生理になると開きます。妊娠するとだんだん大きく開き、出産のときに最大に開きます。女性は、骨盤が開いてゆるんでいたほうが血流が良くなり、ホルモンの分泌がスムーズになります。骨盤がゆがむというのは、骨そのものがズレるのではなく、骨盤に付いている筋肉がアンバランスに縮まっていることがほとんどです。

 

骨盤がゆがむと、血行不良を引き起こし、当然、立ったときの姿勢もおかしくなってきます。そして、O脚、足の冷え、足のむくみ、生理痛、腰痛、肩こりなどを引き起こす原因となります。

 

まず、自分の骨盤が正常な状態かどうかチェックしてみてください。イスに座って、脚を組んでみます。左右試してみて、どちらかが組みにくい、きつい、あるいはいつも無意識に同じ方向に脚を組んでしまう、といった人は、体が曲がって骨盤がゆがんでいるのです。

 

次は、目隠しをして床に引いた直線の上を歩いてみてください。大きくどちらかに曲がっていくようだと、かなり体が曲がっています。骨盤も左右にズレています。

運動によりズレた骨盤を修正することができる

普段の生活の中で、ほおづえをついたり、背中を曲げてデスクワークしたり、寝転がってテレビを見たりしていると、骨盤が少しずつズレていきます。とくに女性は骨盤が閉じることが多いのです。

 

骨盤のズレは、日常生活に支障がでるほか、さまざまな疾患の原因になります。骨盤がズレるとバランスが悪くなり、何とかバランスを保とうとして背骨も曲がります。そうしないと、重い頭を支えられないからです。こうなると、椎間板から左右の臓器にいたる自律神経のバランスがくずれてしまいます。

そして、臓器に大きな負担がかかり、代謝が悪くなり、全身に影響が出てきます。このような悪循環によって、肩こり、頭痛、冷え性、さらに肥満などが起こるのです。

 

背骨の土台となる骨盤が正しい状態になると、背骨もまっすぐになり、代謝の働きを高める臓器のすべてが正常になります。とくに交感神経が活性化され、下半身の血行不良が改善され、ダイエット効果につながるのです。骨盤矯正というと、整骨院での施術と思いがちですが、日常の運動によっても正常な状態に戻すことができます。

骨盤矯正運動〜骨盤を正しい位置に戻して代謝アップ
  1. 足幅を腰の幅に合わせて立ち、つま先が外へなるべく180度度開くようにする
  2. 背筋を伸ばしたまま、腰を深く沈める。そのまま左右に上体を小さく移動させる。10〜20回行う

仕上げの動作〜骨盤矯正運動のあと、必ず行う

  1. 仰向けに寝て、左右のわき腹でより厚いほうをギュッとつまみ、バッと離すのを3 〜5 回行う。
  2. わき腹に手のひらを当て、2〜3 分くらい、わき腹から息を吐くイメージで呼吸する。
  3. 身体から力を抜き、リラックスする。

一家に1 セット、すっかりその効果が認知されたダンベルで、毎日夕食後にトレーニングすれば効率的にダイエットが可能。

軽めのダンベルでも脂肪が燃える

大ブームを起こしたダンベルダイエットは、いまではウォーキングと同じようにすっかり定着しました。いつでもどこでもできることと、器具が安価なダンベルだけということで手軽さが受けたのでしょう。

 

もはや、ダンベルの効用は多くの人が理解していると思いますが、簡単におさらいしてみましょう。まず、ダンベルを使って軽く筋肉を動かすことで、効率良く脂肪が燃えてくれます。次に脂肪が燃えるためには酸素が必要ですが、軽い運動(有酸素運動)をすることで酸素をたっぶり体内に取り入れることができます。

 

有酸素運動とは、酸素を摂取しながら行う運動のことです。歩く、軽く走る、自転車をこぐ、泳ぐ、縄跳びをするなど、息を止めることなく続けられる運動のことです。

 

また、女性が心配していた「ダンベル= 筋肉をつける」といった考え方もいまではなくなりました。確かに重いダンベルを力を込めて持ち上げる運動をすれば、筋肉ムキムキになります。しかし、ダイエットのためのダンベル体操は筋肉を鍛えるのではないので、重いダンベルを使って長時間行う運動ではありません。そのため、腕、肩の筋肉がつく心配もありません。無理のない重さのダンベルを使って軽く体を動かせば、一紺そのあとも脂肪が燃えてくれるというのがダンベルダイエットの考え方なのです。

 

夕食後のダンベル体操でインスリン分泌低下

ダンベル体操は、1回15分程度で十分です。いつやってもいいのですが、食後が効果的です。それも夕食後2時間以内に行うと効果が高くなります。

なぜなら、食後は血糖値がピークを迎えるので、ダンベル体操をして血糖値を下げ、インスリンの分泌を抑えることで脂肪がたまりにくくなるからです。

ダンベル体操は、音楽を聴きながら、あるいはテレビを見ながらでもかまいません。寝る前、朝食後といつでもできるのがダンベルのよさです。さらに、最近では小さなダンベルを持ってウォーキングをしている人も見かけます。これも相乗効果でよりダイエット効果が高くなります。

 

また、必ずしもダンベルでなくてもかまいません。ペットボトルに水を入れたものなど、身近にあるものを利用してもかまいません。会社の昼休みなどは、電話帳など厚い本で軽い運動をしてもいいでしょう。

糖質制限食は糖尿病、ダイエットに最適な食事療法で主食の炭水化物を減らすだけと合わせてダンベル ダイエットを行えばさらにダイエット効果は高まります。

たかがボールだが医療のリハビリ用から発展させたので、脂肪が燃えるように計算されている

筋肉の量を増やして基礎代謝を高めよう

たかがボールですが、もともと医療用に開発されたリハビリ用の機材なのです。現在では正しい姿勢やバランス感覚・平衡感覚を学ぶ道具として、病院などで運動障害患者の治療、リハビリに用いられています。

 

通常リハビリに使われる器具は、無機的で冷たい感じがしますが、見た目も優しいバランスボールを使うことで、楽しくリハビリを続けることができることが人気の秘密です。

 

そのうちフィットネス、スポーツトレーニンクにも効果があるということで、各種エクササイズの道具として世界中に広がり、プロスポーツ選手、女性、高齢者、子どもと幅広く使われるようになりました。

バランスボールは筋肉の量が増え、姿勢が良くなり、血行も良くなることによって基礎代謝が高まります。そして、トレーニンパノを続けることでどんどん脂肪が燃焼していきます。バランスボールで特筆すべきことは、インナーマッスル(体幹筋肉)が鍛えられるということです。インナーマッスルというのは、姿勢やバランスを制御する筋肉で、身体の奥にあるため通常の筋肉トレーニングでは鍛えることが非常に難しい部分です。

また、バランスボールは、体のゆがみを矯正することができます。これにより、腰痛の緩和などが期待できます。

平衡感覚、バランス感覚が身についていく

体を伸ばす運動は1人ではなかなかできませんが、バランスボールですと上に乗った体を沈めたりと、楽しみ少ながらエクササイズができます。

バランスボール独特の感触に心も休もリラックスします。さらに、一般のトレーニンクでは鍛えられない平衡感覚やバランス感覚も知らず知らずに向上していきます。バランスボールの基本は、ボールの真ん中に座ることです。簡単だと思われるでしょうが、最初はこれがけっこう難しいのです。

そして背筋を伸ばし軽く弾む、じよじよに片足を上げたり、かかと、つま先を上げるなど、床との接地面を考えながら体を動かしていきます。バランスが取れるようになったら手を離し、胸の前で腕を組みます。

 

ジムでは、バランスボールの上に仰向けになり体を伸ばす、体の横にバランスボールを入れて体側を伸ばすバランスボールをお尻の下に入れて立て膝をし前後に動かす、バランスボールに〔足を乗せて腕立て伏せをするなどの筋力トレーニンクも行っています。バランスボールのトレーニングをはじめると、最初のころに腰にハリを感じますが、これは正常な状態です。ボールの上で身体を安定させようと無意識に筋肉が動いています。

このため、使わないで衰えていた腰やおなかの筋肉が活動を強いられ、一種の筋肉痛が起こったのです。

 

筋肉痛でトレーニングをやめてしまう人が多いのですが、就寝痔にリカバリーウェアを着て寝るとぐっすり睡眠でき、筋肉が回復します。

 リカバリーウェア(休息専用ウェア)の使用感・効果