3日間、ファスティングジュースをとって体から有害物質と毒素を取り除けば体調が改善する

3日間、ファスティングジュースでプチ断食を実践する

ファスティングダイエットは、スポーツ界、芸加配界で話題となり、大ブームを巻き起こしました。ファスティングとは「断食」と訳されますが、このダイエットは環境中に存在する有害な化学物質と毒素から体を遠ざけることができます。

 

水だけとる一般的な断食とは異なり、半日〜3日間通常の食事を断ち、その代わりにビタミン、ミネラルなどを豊富に含んだ発酵野菜ジュースで、必須栄養素を補うという短期間のダイエットです。数十種類の野草、15種類の野菜、リンゴ、パパイア、パイナップル、レモンの果物、根こんぶ、貝化石、果糖、黒糖、オリゴ糖などの原材料をエキスにして1年間発酵させたものが、市販のファスティグ・ジュースです。

 

ダイエット中は、このファステインク・ジュースと水分だけとります。ジュースには糖質が含まれており、1日で900キロカロリーのエネルギーをとることができます。したがって、一般的な断食と違ってそれほど空腹感はないと思います。

内蔵までキレイになる

このダイエットはファステインク前の準備期問が大切です。この期間、食事は一汁二菜の和食を基本として、消化のよいものとします。

毎朝食後にマグネシウムやクロムの豊富な総合ビタミンミネラルサプリメントをとると効果的です。

 

ダイエット中、仕事や家事はいつも通りにこなしてかま〞いません。また、散歩などの適度な運動は、ファスティングの効果をより高めてくれますが、激しい運動はひかえたほうがいいでしょう。

 

ファスティングダイエットは、ただやせて体から有害物質を取り除くだけでなく、多くの効果があります。まず、食べることにエネルギーを費やさないので、そのエネルギーが免疫と細胞組織を再生するために使われます。そのため、病気になりにくい健康な体になるのです。

 

次に胃腸をはじめとする消化器系を休めるため、内臓がきれいになります。炎症が起きていた組織は再生され、栄養素をよく吸収するようになるのです。とくに食物の残りかすや老廃物がいっぱいたまる大腸から宿便を取り除くので、おなかは快調そのものになります。

また、ふだん脂肪や化学物質のとりすぎで負担が大きかった肝臓も毒素が取り除かれ、組織が回復するので、肝機能が元に戻ります。

意外なことも発見できます。それは、食べものの昧がはきりわかるようになることです。それは、ダイエットによって舌にたまっていた老廃物や化学物質が取り除かれるからです。

ファスティングジュースの基本レシピ

材料

  • にんじん(2分の1本)
  • ほうれんそう(2分の1束)
  • キャベツ(2枚)
  • バナナ(2分の1本)
  • 豆乳(100cc)
  • レモン汁(適量)
  1. 果物と野菜をジューサーの投入口に合わせて切る
  2. ジューサーに入れて汁を搾る
  3. 豆乳とレモン汁をまぜれば完成

ファスティングダイエットの進め方

3日〜1週間

食事は、肉、料理など脂質が多く高カロリーな食事を控えて和食中心にする

ファスティング期(3日間)

水、ミネラルウォーターをコップ1〜2杯飲む、コップ半分のファスティングジュースを1日1〜3回飲む

ファスティング回復期(3日間)

おかゆなどの消化のいい食事でじょじょに胃腸を慣らす。

1日目と2日目は油ものを避ける。飲酒や冷たい飲み物は3日間とも続ける。

コメント
コメントする