太る炭水化物と太らない炭水化物があります。 GI値をよく理解して太らない炭水化物をとってダイエットしよう。

炭水化物の過剰摂取でインスリンの分泌が増える

ご飯やパンなど炭水化物というと、ダイエットの大敵と思われていますが、実は太りやすい炭水化物とダイエットに効果がある炭水化物があるのです。

 

まず、炭水化物をとるとなぜ太るのかを理解しましょう。炭水化物を含む食べものをとると、胃腸で消化する過程でブドウ糖に生成されます。このブドウ糖が血液に入っていき血糖値が上がりますが、すい臓から分泌されるインスリンが血糖値を下げてくれます。

 

そして、ブドウ糖の一部はパノリコーゲンとなり、肝臓、筋肉に蓄えられ、体の活動を支えるエネルギーとなります。これは、適量の炭水化物をとったときの話です。しかし、炭水化物を一度に大量に摂ってしまうと、血糖値が急激に上がり、それを下げようとするためインスリンが大量に分泌されてしまいます。

 

この状態のとき、ブドウ糖は肝臓で中性脂肪に変わり、体の脂肪細胞にため込まれてしまいます。これが太るメカニズムなのです。

それなら、インスリンを必要以上に分泌させなければ中性脂肪を下げられるという理屈になります。

 

そこで、ダイエットに効果的な山灰水化物、つまりインスリンの分泌が少ない炭水化物が注目を集めました。インスリン分泌量の多い少ないは、GI値で表されます。

 

ダイエットにはGI値の低い炭水化物を摂る

GI値とは、炭水化物をとることによって血糖値が上がっていくスピードを数値化したものです。ブドウ糖を100として、GI値が低い食品ほど、血糖値がゆっくり上昇し、インスリンの分泌が抑えられます。

 

たとえば食パンとライ麦パンは、100グラム当たりのカロリーがほぼ同じですが、GI値を見ると食パンが95ライ麦パンが58です。つまり、食パンとライ麦パンを同じ量を食べた場合、ライ麦パンのほうがインスリンの分泌が少なく、太りにくいということになります。

こうしてみると、できるだけGI値の低い炭水化物をとることがダイエットの基本となります。目安は、G− GI値が60以下の食品です。

GI値の高い炭水化物をとるときは、できるだけ量を少なめにして、ゆっくり食べることです。早食いすると血糖値が急激に上がり、インスリンの分泌が多≪ なります。

 

また、順序が逆になるかもしれませんが、ケーキなどのデザートは、血糖値が上がっている食後に食べるより、血糖値が低い食前に食べるように心がけましょう。また、インスリンは副交感神経が働く夕方から夜にかけて分泌されるので、夜は軽めにとることです。

 

 

コメント
コメントする