毎日、体重を計って記録するだけ。これで本当にやせるのだから不思議?

1日50〜100グラムを目標にする

ダイエット後のリバウンドは、食欲を抑え基礎代謝を上げるレプチンというホルモンが不足することで起きます。しかし、レプチンが不足してもリバウンドを起こさない体重を計るだけというダイエットがあります。

 

具体的な方法を説明しましょう。まず体重計は、なるべく目盛が細かいものを使ってください。というのは、1日で100グラム減量したとき、1目盛100グラムの体重計なら、はっきりと減量したことが確認できるからです。体重は、朝起床直後にトイレを済ませて1回、夕食後に1回の1日2回計ります。この数値を1目盛100グラムにしたグラフに記入します。つまり、毎日の体重は折れ線グラフとして記録されていきます。

 

また、寝る直前に計った体重は、別欄に記入します。そして、もし体重が上がったときは、「言い訳」として欄外に記入します。目標は、1日50〜100グラムの減量です。こうして記入した体重データをどう生かすかです。そこで生きてくるのが「言い訳」。「友だちに誘われて外食した」「美味しいのでついお代わりした」という記入があれば、やせない原因が明らかになり、それを改善するために努力をするようになります。

 

また、通常、夕食後のほうが体重が重く、翌朝になると体重が下がります。しかし、夕食後と朝の体重が変わらない場合、夕食後に何か間食をしているか、夕食の時間が遅いかのどちらかです。このことを知れば、どう改善すればいいかわかるのです。

 

計るだけダイエットが効果的な理由は、グラフが右肩下がりになることで得られる「快感」です。たとえば、グラフの変化を見て「暇なときにテレビを見てごろごろしているより、ウォーキングしてやせたほうがいい」「ご飯のお代わりをするよりグラフ2目盛下がったほうが気持ちいい」というような考え方が芽生えてくるのです。油や糖分をとると脳からエンドルフィンという強い快感物質が分泌されます。これに打ち勝つことはそう簡単ではありません。しかし、やせたいという人は、右肩下がりのグラフを毎日見ることで、快感物質以上の快感を得られるのです。このダイエットを成功させるコツがいくつかあります。

食事よりグラフの目盛りが下がることが楽しくなる

計るだけダイエットが効果的な理由は、グラフが右肩下がりになることで得られる「快感」です。たとえば、グラフの変化を見て「暇なときにテレビを見てごろごろしているより、ウオーキングしてやせたほうがいい」「ご飯のお代わりをするよりグラフ2目盛下がったほうが気持ちいい」というような考え方が芽生えてくるのです。油や糖分をとると脳からエンドルフィンという強い快感物質が分泌されます。これに打ち勝つことはそう簡単ではありません。しかし、やせたいという人は、右肩下がりのグラフを毎日見ることで、快感物質以上の快感を得られるのです。このダイエットを成功させるコツがいくつかあります。

コメント
コメントする