毎日全身を鏡に映す。動機づけと自己暗示の効果を利用したダイエット法。

鏡を見て自分の体と対話することから始めよう

鏡を見ることがダイエットになるの? と思うかもしれませんが、実はダイエットをする人にとって、鏡は本当に心強い味方になるのです。

 

あなたは自分自身の全裸を鏡でまじまじと見たことがありますか? 自分の醜い体なんか見たくないかもしれませんが、まず現実を直視しなければなりません。

 

大きなお尻、たるんだお腹、太り脚、たるんだ二の腕などを鏡で映せば、「ダイエット頑張って、スリムな自分に生まれ変わろう!」と強い決意が生まれてくるはずです。毎日鏡を見るのと見ないとでは大違い。そのモチベーションで、結果もおのずと差が出てきます。毎日、自分のの裸を鏡で見る。ただそれだけでいいのです。そうすることで自分の体がわかってきて、そして愛おしく思えて、ダイエットを続ける大きな励みになるはずです。まず全身が映る大きな鏡を用意しましょう。毎日、朝晩体重を測り、その後で鏡に全身を映して客観的に観察します。できれば裸で、少なくとも下着だけにしましょう。

夜ならお風呂上がりに裸のままで観察できますね。全身を鏡で見て、「ここの肉なんとかならないかな!」なんて言いながら、マッサージしてもいいでしょう。

鏡を見る手順は次のとおりです。

  1. まず全身を見る
  2. 左右側面のシルエットを見る
  3. 手鏡などを使って後ろのシルエットを見る
  4. 体をねじったり、曲げたりして見る

などを基本に、あとは自分なりにポイントを決めるといいでしょう。とにかく毎日鏡で全身を見ることを習慣にして、あとは好きなダイエットを組み合わせればいいのです。最初はうんざりかもしれませんが、自分の体に見慣れてきて、ウォーキングやストレッチなど他のダイエットを続けていれば、自分の体の変化が目に見えてわかるようになります

鏡を見ながら自己暗示をかけると本当にやせる

鏡の前に立って、ポーズを とったりやせた自分を想像し ながら、「絶対やせてきれい になる!」と自己暗示をかけ ると、本当にやせたり、きれ いになってくるそうです。

 

なんでも脳の作用でやせようと か、きれいになろうと、ある 種のホルモンが分泌され、そ の効果が促されるそうです。 あの叶姉妹は、全身が映る 鏡が部屋中にあって、しかも部屋にいるときは全裸だそうですが、まさしくミラー効果の実践者かもしれませんね。

 

自己暗示の効果は心理学でも実証されていますが、自己暗示できれいになれるのなら、利用しない手はありません。鏡を見るときは、まず他人の目で見て自分の体をチェックし、そのあと「私はもっとやせてきれいになる」と鏡の中の自分に話すのです。他人には見せられない姿ですが、ダイエットと思えば恥ずかしくないですよね。

サルバチアダイエットとの組み合わせがいいでしょう。

 

コメント
コメントする