香りが及ぼす効果を利用して、リラックスしながらダイエットする方法。

痩せる香りで脂肪が燃焼する

最近はアロマなどを通して、香りに対する認識もずいぶんと変わってきました。香りにはさまざまな成分が含まれていて、その香りをかぐだけで体や神経にいろいろな影響を与えることがわかっています。

 

そしていま注目されているのが「やせる香り」です。なぜ香りでやせるのか。そのポイントは「自律神経」です。自律神経には、体を活動的な状態にする「交感神経」と、体をリラックス状態にする「副交感神経」の2 つが働いています。交感神経が働くと脂肪は消費され、副交感神経が働くと脂肪はため込まれます。

 

ある種の香りには、交感神経の働きを活発にして脂肪を燃焼させる効果があり、さらに最近の研究では、脂肪を燃焼させるたんばく質を増やすノルアドレナリンというホルモンの分泌が活発になる、ということがわかってきました。

 

この末甘りの効果を利用して、やせるというわけです。代表的なものとして、グレープフルーツ、フエンネル、タラゴン、ラズベリーなどがあります。

グレープフルーツの香り

やせる香りの代表選手。リモネンという精油成分が交感神経を刺激し、さらに脂肪燃焼につながるホルモンの分泌を促します。

またイノシトールという水溶性のビタミンB群が含まれ、コレステロールの過剰蓄積を防ぎ、脂肪の代謝をよくする効果もあります。もっとも香りが含まれるのは皮。そのまま香りをかぐ、お風呂に入れる、枕元に置く、身はジュースにして飲むなど、いろいろな楽しみ方ができます。精油もおすすめ。

グレープフルーツの作用

フェンネルの香り

東洋ではウイキョウと呼ばれるセリ科のハーブ。香りをかぐことで交感神経を刺激するのはもちろん、種は利尿作用、発汗作用、便秘に効果があります。お茶にして飲むことも多く、別名「ダイエットティー」ともいわれています。種はそのまま噛んだり、カレーやシチュー、魚料理のスパイスとして。

効果

タラゴンの香り

別名エストラコンと呼ばれるキク科のハーブ。この香りも交感神経を刺激し脂肪燃焼を促してくれます。生のハーブでなくても、調味料として売られているものでも十分効果はあります。生なら肉魚料理、サラダに、乾燥葉ならお茶にしたり、バターに繰り込んだり、お風呂に入れて香りを楽しんで。

ラズベリーの香り

脂肪分解酵素の働きを促進する働きがあり、唐辛子に含まれるカブサイシンの3倍もの脂肪燃焼効果があるとの研究結果が。お茶やサプリメント、ジェルなど商品もたくさん発売されています。

アロマテラピーの効能・効果

コメント
コメントする