モーツァルトはリラックス効果以外にダイエット効果もある。

モーツァルトは、副交感神経の働きを活発にする

モーツアルトを聴くだけでダイエットできる、血糖値が下がる、免疫力が上がると人気になっているダイエット法です。

 

モーツアルトの楽曲の周波数は3500〜5000ヘルツの高周波数音域がたくさん使われています。ヘルツは1秒間に何回振動するかを表す単位です。

 

クラシック音楽は高周波数音域が多く、リラックスしやすいのですが、中でもモーツァルトは高周波数なのでリラックスしやすいのです。

高周波数は、自律神経の副交感神経の働きを活発にします。自律神経には交感神経と副交感神経があり、自動車にたとえると交感神経はアクセルで副交感神経はブレーキ。交感神経は神経を興奮させる作用があり、副交感神経は興奮を抑える働きがあります。

 

ストレスがたまると太りやすくなり、ストレスを解消する副交感神経の働きが活発になるとストレス太りが抑えられるというのが、モーツアルトダイエットのポイント。ストレスは、もともと体にとっては危機的な状況で、走って逃げ出すためのエネルギーとして仙肋肉の中にたくわえられているグリコーゲンを分解して、血液中にブドウ糖を放出します。

 

肉体的なストレスなら、そのエネルギー源のブドウ糖を消費することができますが、精神的なストレスはあまりブドウ糖が使われないで、血液中に濃く残ってしまいます。余分なブドウ糖は肝臓で中性脂肪に合成され、脂肪細胞の中にたまっていくようになります。これがストレス太りの原因。ストレスがたまると、それを解消するために甘いものがほしくなったり、食べすぎたりすることだけがストレス太りの原因ではなかったのです。

昼間、ストレスがたまったときに聴くと効果的

モーツァルトはいつ聴いてもいいし、寝るときにはリラックスして眠りにつきやすくなりますが、とくに効果があるのは仕事が勉強などでストレスがたまってきたとき。

 

昼間は、交感神経の働きが盛んになっているので、そのときにストレスによって興奮すると、ますます太りやすくなります。

疲れたり、興奮したら、モーツァルトを聴きましょう。ただ、避けてほしい時間帯があります。それは夕食の前後。夕食時には副交感神経の働きが盛んになっています。

 

モーツァルトを夕食のときに聴くと、副交感神経の働きが、より盛んになって、胃液とインスリンが多く分泌され、肝臓でのブドウ糖から中性脂肪への合成が盛んになり、脂肪細胞への蓄積も盛んになってします。

 

インスリンが盛んに分泌されるのは食事を始めて30分ほどしたとき。消化、吸収にひと区切りがつく1時間ほどはモーツァルトを聴くのは避けたほうがいいでしょう。

眠れない人は、ストレスで眠れない人に「モーツァルト」がおすすめ!が効果的です。

コメント
コメントする