脂肪を燃焼させるアミノ酸 ダイエットはダイエットの必須アイテム、食品、サプリから積極的にアミノ酸を摂る。

5種類のアミノ酸が脂肪を分解

ファッションモデル業界がきっかけで火がついて、いまや多くのアミノ酸入りの健康飲料まで出ているように、アミノ酸ダイエットは大ブームになっています。

 

食べものに含まれているタンパク質は、消化の過程でアミノ酸に分解され、それが再びタンパク質に生成されて筋肉などになっていきます。

 

人間の体を形成するアミノ酸は20種頬ありますが、このうち外部からしかとることができないものを「必須アミノ酸」といいます。もちろん、必須アミノ酸以外のほかのアミノ酸も積極的にとらなくてはいけません。アミノ酸スコアが100に近くて、低力ロリーのものを積極的にとることが必要です。

 

アミノ酸は、リジン、トレオニン、メチオニン、トリプトファン、フェニルアラニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジン、ガノリシン、アラニン、セリン、プロリン、アスパラギン酸、アスパラギン、グルタミン酸、クルタミン、アルギニン、システイン、チロシンの20種頬あります。これらのアミノ酸のうち、とくにダイエット効果があるのは、リジン、プロリン、アラニン、アルギニン、クルタミンの5種類です。

このうち、グルタミン以外の4種類は、脂肪を分解する酵素の働きをします。これらのアミノ酸が含まれているサプリメントも活用してみましょう。ご飯にみそ汁、納豆、豆腐という日本食は、理想的なアミノ酸のとり方です。お米には7%のタンパク質が含まれていますが、ややリジンが少なくメチオニンが多いという特長があります。大豆には、リジンが多く、メチオニンが少ないので、両方をとることで必須アミノ酸をバランスよくとることができるのです。

アミノ酸にプラス運動がダイエットを効果的にする

アミノ酸は、運動と組み合わせると、より効果的に脂肪が燃えてくれます。運動といっても、ウォーキングや自転車での買い物など軽く体を動かすことで十分です。

 

運動をすると、脂肪を燃やすほかに筋肉がつきます。筋肉がつくと筋肉がさらにエネルギーを消費するので、体脂肪がさらに減少していきます。効率よくアミノ酸をとるには、日常の食事でアミノ酸の多い食品をとり、運動前にはサプリなどでアミノ酸の補給をすることです。

 

もうひとつ、アミノ酸を効率よくとるには、運動中に体温が上昇しないようにすることです。アミノ酸が脂肪を燃やす働きをする酵素は、体温が上がりすぎると働きが弱くなってしまうのです。そのため、汗をかこうとわざと厚着をして運動すると逆効果になります。

汗をかいても肝心の体脂肪が減らないのでは、話になりません。

アミノ酸スコア100
  • 牛サーロイン
  • 豚ロースト
  • 鶏の胸肉
  • ロースハム
  • ソーセージ
  • アジ
  • 秋刀魚
  • マグロ
  • うなぎ
  • たらこ

アミノ酸

コメント
コメントする