やせる脂肪「褐色脂肪」を活性化させ、やせやすい体にしよう。

太る脂肪「白色」とやせる脂肪「褐色」

ひと口に体脂肪といっても「白色脂肪」と呼ばれるものと「褐色脂肪」と呼ばれるものの2種類の脂肪細胞があります。私たちが普段「脂肪がついて太っちゃったー」という脂肪は白色脂肪のことで、もうひとつの褐色脂肪は、いわゆる善玉の脂肪です。

 

褐色脂肪がやせる脂肪といわれるゆえんは、熱を出してエネルギーを消費しやすくし、体温を保持する役目があるからです。成人でも全部合わせて40グラムほどしかないのですが、この褐色脂肪の働きが活発ならば、余分な脂肪がどんどん燃焼されていき、脂肪を溜め込みません。肥満ぎみの人は、この褐色脂肪の働きが弱っているともいえます。褐色脂肪は交感神経の刺激によってその働きが活発になるので、じょうずに交感神経を刺激すれば、いままでその働きが弱かった人も効果的に脂肪を減らすことができるでしょう。

温冷シャワーで褐色脂肪を活性させる

褐色脂肪は主に首筋、わきの下、肩甲骨の周辺、心臓の周辺、腎臓の周辺にあります。食事をするとよく首筋が温かくなったり、わきの下や背中が熱くなったりしますが、それは褐色脂肪がエネルギーを消費している証拠です。

 

こういう人は基礎代謝が良く食べても太りにくい人で、褐色脂肪が元気なのです。逆に食事をしてもこの辺りが熱くならない人は、褐色脂肪の働きが鈍いのかもしれません。そこで、活性化させる効果的な方法が「温冷シャワー」です。温水と冷水を交互に、首筋、わきの下、肩甲骨の周辺などに、約20秒ずつ当てていきます。

 

集中的にその部分を刺激することで、短時間で交感神経に切り替わって褐色脂肪州敷性化し始めます。とくに体が活動的になる朝のシャワーがおすすめです。

交感神経を刺激するほかのダイエットと併用を

交感神経にスイッチが入ると脂肪が燃焼されやすくなる仕組みは、いろいろなダイエットに利用されていますね。

 

このダイエットの特徴は褐色脂肪が集まっているところを直接刺激することで、より効果的に褐色脂肪を活性化させる方法です。このほか、前記の部位をストレッチしたり、ダンベル体操も褐色脂肪ダイエットのひとつになります。

 

とくにシャワーを使ったこのダイエットは気軽にできるので、ぜひほかの交感神経を刺激するダイエットと組み合わせてみてください。効果アップが期待できます。運動したり食事に気をつけても体重が減らない人は、基礎代謝や交感神経の働きが鈍っていて、脂肪が消費されにくくなっているのかもしれません。このような人はとくに、褐色脂肪を意識したこのダイエットが有効です。

褐色脂肪を活性化させるシャワー法
  1. うなじから首のつけ根まで
  2. 姿勢を工夫して肩甲骨周辺を
  3. 上から内にむかって円を描くように
  4. わきの下で小刻みに動かす
  5. 腰をひねって腰上に
コメント
コメントする