褐色脂肪の多い部分に冷湿布を貼るだけでやせられる。

冷やして褐色脂肪を刺激

ここで使う冷湿布は、筋肉痛や肩こりなどを解消する薬効のある湿布ではなく、熱をさます目的で使われている冷湿布です。

 

体の一部分をただ冷やすだけでダイエットできるのです。冷湿布ダイエットの理屈は、褐色脂肪ダイエットと基本的には同じです。脂肪を燃焼させる褐色脂肪を刺激して、より燃焼を高めようというもので、その刺激のためには冷やす、温めるを繰り返温冷法を行いますが、シャワーを浴びる方法では効果はあるものの時間は限られています。

 

ダイエットは燃焼効率×時間で、燃焼効率は多少下がっても、長く続けられる方法なら無理なく効果が得られるというわけです。

 

褐色脂肪は首、肩甲骨の間、わきの下、腰に集まっていますが、わきの下は冷えすぎると腕の血行が悪くなるので、冷湿布を貼るのは首、肩甲骨の問、腰にします。

 

ここに冷湿布を貼ると温度が下がり、それを褐色脂肪が察知して、脳に熱を出すように指令が出ます。部分的に冷えたのに、脳が全身を冷えたものと勘違いして、全身の発熱をよくするために自律神経の交感神経が活発になり、脂肪の燃焼がよくなっていくのです。冷えた褐色脂肪は、とくに盛んに熱を発するようになって、脂肪燃焼が進んでいきます。

 

褐色脂肪は食事をすると熱が上がるところなので、一番熱が上がりやすいところに冷湿布を貼るのがもっとも効果的です。食後しばらくたってから、手で触れてとくに熱を感じるところに冷湿布を貼って、冷甜湿布の効果がある問(冷えている間)は貼り続けることです。

寝ている間に脂肪が燃焼する

ただ冷やすだけでなく、足の裏に温湿布を貼ると、足の血流が増え、交感神経がより刺激されて、褐色脂肪が活性化します。外からは見えにくい肩甲骨の間と腰は外出しているときにも貼っておき、効果が薄れてきたら取り替えます。家でなら、首にも貼り、さらに足には温湿布を貼っておくこともできます。

この方法は、湿布を貼るだけで、あとは何をしていても自由です。寝転んでテレビを見ながらでもダイエットができます。入浴直後は、冷湿布によって、せっかく全身が温まったのに、それを冷やすことにもなりますが、入浴の熱が引いてきたら冷湿布を貼って、そのまま朝まで寝てしまっても、寝ている問に脂肪が燃えてくれます。

 

その燃焼量は軽く歩いているのと同じという研究報告もあるくらいです。ゆっくりと歩いていたら、普通なら脂肪は燃えにくいのですが、一晩中、一日中となると話は別です。それと同じ効果が期待できる簡単で優れた方法が冷湿布なのです。

  • 首、肩甲骨、腰を冷湿布する
  • 足の裏に温湿布を貼ると交感神経をより刺激する
  • 夜、寝ている間に貼っておくと脂肪が燃焼してくれる。
コメント
コメントする