毎日の食事や行動を記録して肥満の原因をさぐるアメリカ発のダイエット法。

日記をつければ肥満の原因が見えてくる

肥満の要因は大きく分けて 2つあります。ひとつが遺伝 によるもので、3〜4割がこ れに当たります。もうひとつ が環境によるもので、6〜7割がこれに叫あたるといわれて います。

 

アメリカで生まれたこのダ イエット法は、環境をとくに 重視したもので、「肥満にな る環境を洗い出し、それを改 善していけば、肥満は自然と 解消できる」という考え方か らきています。

 

正式には「行動修正療法」といい、日本肥 満学会でも推奨されている本 格的なダイエット法です。 といっても、方法はいたっ て簡単。毎日、自分の食べた ものや行動日記をつけるだ け。これだけで本当にやせる ことができるのです。 日記をつけていくと、肥満の原因が必ず見えてきます。それを自覚して問題を解消する努力をすることで、自然とダイエットにつながっていきます

毎日欠かさず最低でも1ヶ月(90食分)は記録をとる

食事日記をつける

朝起きてから夜寝るまでを順に、食べたものをすべて書き出す。食事時問やメニュー、食事の量、そのときの状況や気持ちまで克明に記録する。l度にまとめて書こうとすると忘れてしまうので、ノートを持ち歩いて食事後すぐにメモをとることをおすすめ。

行動日記をつける

食事日記と同じように、タイムススケジュールに沿って、何時に、どこで、何をしたかをメモします。例えば、「8時出勤。エスカレーターで駅のホームまで上がる」

「夜9時〜10時缶ビール(2本) を飲みながらテレビを見る」など。さらに、運動量を見るために万歩計を付けて計測するのもおすすめです。

体重を記録する

体重は同じ時間や条件で測ります。体重を毎日測るだけでも意識がダイエットに向かうので、自己管理がしやすくなります。

日記をもとに太る原因をチェックする

1ヶ月分の記録がたまったら、そこで分析を始めます。食事日記と行動日記、そして体重と合わせて、じつくり客観的に分析してください。食事が偏っていないか、食べ方のくせ(早食いなど) はないか、間食が多くないか、運動が少なすぎないかなど、問題点を探していきます。

 

「夜遅く間食をしているので、夜9時以降は何も口にしないようにしよう」とか「早食いなので、なるべくゆっくり噛んで食べよう」など、できる範囲で改善していきましょう。特別なダイエットをしなくても、問題点を改め、こうした行動を積み重ねていくだけで、着実に体重は減っていきます。

記入例

 

7:30トイレ51..5kgさわやかに目覚める
7:30〜8:15朝食
  • バター付きトースト
  • レタスのサラダ(ノンオイルドレッシング
  • コーヒー(マグカップ1杯)
TVを見ながら食べる
9:25トイレ  
9:30 出社 コーヒー(会社用マグカップ1 杯) 
10:45間食キャラメル2個口寂しくてつい
1200〜12:25昼食きつねうどん同僚のNさんと一緒に昼食
コメント
コメントする