体の中を大掃除。毒素を出してダイエットと健康の両方を手に入れる方法。

デトックスで体を浄化し中からきれいにする

デトツクスとは、何やら聞きなれない人もいるかと思いますが、「体の中の毒素を出す」ことの総称です。現在、医学の分野ではさまざまな疾病の治療や予防に生かされていて、特に欧米では美容にこの考え方が取り入れられ、いろいろな方法が実践されています。

 

腸内洗浄やプチ断食もそのひとつです。体の中の毒素を出すことで、血液がさらさらになって体内の循環システムが活性化され、驚くほど代謝が良くなります。

その結果、脂肪が燃えやすくなり、体重も減少していきます。また、体の毒素の75% は便となって排出されます。ですから腸にたまった毒素を出すことで、便秘が解消されるばかりでなく免疫機能が働くようになり、体全体の免疫力がアップ。もちろんお肌の調子も良くなります。いいことづくしのデトツクス。いろいろな方法がありますが、ここでは日常的に取り入れられるものをご紹介します。まずは2〜3ヶ月を目標に始めてみましょう。

朝食前と就寝前にコップ1杯の水を飲む

水はデトツクスの基本中の基本。朝は腸の働きと代謝を高めるため、夜はたまった毒を排泄させるためです。デトックスのために飲む水は、ミネラルウオーターや、有害ミネラル(水銀、鉛、アルミニウムなど) を除去できる逆浸透膜タイプの浄水器を通した水がベスト。最近は、質の高いミネラルウォータも手に入るのでそちらを飲むとより効果的。

大学の研究で実証された、高アルカリ天然温泉水 桜島 活泉水で体内の毒素を排出 | 今さら聞けないミネラルウォーターの知識
http://mineralwater-guide.net/contents/archives/1879

解毒力があるハーブティーを飲む

ハーブティーなら簡単にそのエキスをとることができるのでおすすめです。ダイエッ卜茶としておなじみのルイボスティーは、胃腸の働きを調え、塩分や老廃物の排泄を促してくれます。また、どくだみ茶は強い利尿作用と便秘解消の作用があり、体内の毒を排出します。その他、、レモンパーム、ローズヒップ、ジュニパーベリーなどのハーブティーは、ともに利尿作用、解毒作用があります。

お風呂で毒素を出す

体の毒素のうち約3%が汗となって排出されます。そこでお風呂に入って汗を出しましょう。じんわり汗を出すには半身浴が一番。ぬるめのお湯にゆっくり20 分つかります。そのあとシャワーでマッサージすれば、リンパの流れが活発になりデトツクス効果がさらに高まります。

塩入り半身浴がおすすめです。

食事に解毒・発汗作用のあるものを取り入れる

わさびをはじめ、にんにく、ねぎ、しょうが、香葉などほとんどの薬味には解毒作用があります。とくにコリアンダーの解毒作用はピカイチです。これらの食材を毎日の食事に取り入れましょう。5加工食品や食品添加物を減らすできるだけ添加物が入ったものは避けたほうがよいでしょう。野菜やくだもの、木の実、穀物など加工度の低いものを食べます。

安全宅配野菜によるデトックスも役立ちます。

 

毒素ミネラルは体のあちこちから排出される

汗 3%
とくに運動をしなくても人は1日に1リットルの汗をかく。デトックスでは感染から出る温度調節の汗よりも皮脂腺から出る汗が有効。
爪 1%
毛髪と同じくゆっくり対ピウの出口で体の中の毒が出てくるのはおよそ3ヶ月後。爪の周辺のマッサージはデトックスの効果をアップさせる効果も。
毛髪 1%
体内の血液の約3ヶ月前のミネラルバランスが毛髪にでるゆっくりタイプの出口。デトックスがうまくいきはじめると一般的に毒素の排出量も増える。
尿 20%
血液が腎臓内を循環するときに、必要なものと毒素や老廃物が水分としてともに尿になる。デトックスの出口としても大切な場所。
便 75%
食べたものから出た老廃物や有害ミネラル、ガスなどはこちらから排出される。入ってきた物を滞らせることなく外に押し出す。スピードとスムーズさが要求される出口。

 

コメント
コメントする