履くだけで下半身がシェイプアップするダイエットスリッパ

かかとの傾斜で下半身をシェイプアップする

ストレッチスリッパは、「やせるスリッパ」として通販などでも人気の、つま先がかかとよりも上がっている健康サンダルのひとつです。

 

ちなみに、かかとのないスリッパはダイエットスリッパと呼ばれています。ストレッチスリッパの特徴は、かかとからつま先にかけての約9度の傾斜にあります。この傾斜が自然なストレッチ作用を生んで、ちょうど坂道を登るのと同じ効果があるそうです。そのため、普段使わない下半身の筋肉が鍛えられ、ヒップアップや太ももが細くなったり、足告日が締まったりと、下半身が引き締まっていきます。

 

また骨盤のゆがみを解消する助けにもなります。三日坊主の人でも室内で履くだけでいいななら料理をしながら、や掃除をしながらと、無理なく日常の生活に取り入れることができますね。

1回20〜30分を目安に

このスリッパ、履いてみるとわかりますが、とてもパワフルです。初めのうちはなんてことはないのですが、次第に普段伸ばしていないアキレス腱やふくらはぎの筋肉が緊張してきて、かなりきついかもしれません。慣れてくれば太ももの後ろがピーンと張って、背筋も伸びてきますし、効果を短い期間で実感する人も少なくありません。

 

ただし、腰にもそれなりに負荷がかかるので、腹筋や背骨の弱い人や普段運動をしていない人には、とても強力な刺激になります。腰を傷めたりしないように、無理は禁物です。最初は5分ぐらいからはじめるのがいいでしょう。

 

歩き方は、お腹を引き締めるようにまっすぐに立ち、つま先を引きずらないこと。効果を考えれば1回20〜30分程度で十分です。無理をせずに続けることが、効果を引き出すポイントです。

シチュエーションを決めて歩く

履き慣れるとそれなりの快感を得ますし、履けば履くほど効果があると1日中履いている人もいるようですが、履きっばなしはトラブルを引き起こす元になります。

 

足にかなり重力がかかるので、足の関節を傷めたり、腰を傷めたりする人もいるようです。また使った筋肉は休ませることで強化していくので、その点でも履きっばなしは良くありません。

 

食事を作るときに履くとか、掃除をするときに履くなど、時間やシチュ工− ションを決めて利用するのがいいでしょう。効果をさらに上げたい人は、このスリッパを履いてのストレッチもおすすめです。そして夜、お風呂に入ったときには、緊張した筋肉をほぐすためにも、足や腰をマッサージすることも忘れずに。

すっきり引き締まった太腿にする運動
  1. 壁に向かって両手をつき、足を前後に開く。右足のスリッパのつま先を壁につけて軽くひざを曲げ、左足はかかとが床につけられる位置まで後に引く
  2. 1の状態から、ゆっくり左ひざを曲げる。右ひざが壁につくくらい曲げればいい
  3. 2の状態から、おなかに力をいれ、おしりをゆっくり前に突き出す。ゆっくりと腰を引いて、2の状態に戻る

1〜3を1セットとして、5セットを目標に行う。5セット行ったら左右の足を逆にして、再び5セット行う。

女性らしい筋肉をつけることもできる?

 

 

コメント
コメントする