食べるタイミング、食べる順番などを変えるだけ。食べる量は同じなのになぜかダイエット効果大。

食後に運動、ゆっくり食べる習慣に変える

時間差ダイエットとは、一口に食べる量は同じなのですが、食べる順番を変えたり、ちょっとした生活習慣を変えるだけのダイエットです。

 

まずは、糖質をグリコーゲンに変える時間差です。1日3食きちんと食べている人は、食事前に運動をしてみましょう。食事でとった糖質はグリコーゲンとして筋肉内に蓄積され、その容量を超えたものが脂肪として蓄積されてしまいます。おなかが空いた状態で運動すると、筋肉内に蓄積されているグリコーゲンがエネルギーとして消費されます。

 

そうすると、筋肉内に空きスペースができます。運動のあとに食事をすると、グリ−コーゲンとしてきっちり筋肉に蓄積されやすくなり、脂肪になりにくくなるのです。

 

次は時間差によって血糖値をゆるやかに上げる方法。人より食事時問が短い人は、意識してゆっくり食べてみましょう。ゆっくり食べることで、血糖値もゆっくり上がるのでインスリンの分泌が少なくなり、体脂肪が増えにくくなります。血糖値が上がりきるのに20分くらいかかるので、20分以上かけて食事をするといいでしょう。

 

3番目は副交感神経が休んでいる時間を利用する方法。夜食の習慣がある人は、夜食をやめて昼間のおやつを食べるようにしましょう。夜は副交感神経が働き、インスリンの分泌が多くなります。そういう時間に食べると、食べものは体脂肪として蓄積されてしまいます。

一方、昼間は、交感神経が働いていて内蔵の働きが活発になります。こういう時間帯に少々のおやつを食べてもエネルギーとして消費されるのです。夜食より昼間のおやつのほうが太りにくいということです。

夕食時に昼間の交感神経を働かせる

寝る前にシャワーを浴びる習慣の人は、夕食後30分以内のシャワーに切り替えてみてください。夕食時は副交感神経が働くので、血糖値が上がりインスリンの分泌が活発になり、食べたものが脂肪として蓄積されやすくなります。しかし、夕食を食べ終わって30分以内に42度くらいの熱いシャワーを浴びると、副交感神経から昼間の交感神経に切り替わります。そうすると、内臓が活発に働き、食べたものがエネルギーとして消費されていきます。

逆に夕食の前後にリラックスしてぬるま湯に浸かってしまうと、副交感神経がさらに働き、ますます脂肪が蓄積されることになります。このように、これまでの自分のライフスタイルをちょっと変えてみるだけで、ダイエットができます。お金もかからず、手間もかからない賢いダイエット法ですね。

食後に入る「熱いシャワー」と「ぬるい湯船」のダイエットの違い
食後、42度以上のシャワーを3〜 5 分浴びる

体が軽い興奮状態となり、交感神経が活発に働くので、

  1. インスリンの分泌が抑えられる
  2. 脂肪がたまりにくくなる
  3. 太らない
食後、40度程度の湯船につかって15分
体はリラックスした状態となり、副交感神経が活発に働くので
  1. インスリンが盛んに分泌される
  2. 身体は脂肪を蓄積しようとする
  3. 太ってしまう

コメント
コメントする