l 日に5〜6 杯のコーヒーを飲めばやせられる!なんてコーヒー好きがニンマリするダイエットが本当にあった!

コーヒーには脂肪を分解する効果がある

コーヒー好きの人は多いと思います。かつて「コーヒーは胃によくない」などと誤解されていましたが、いまではコーヒーに含まれるカフェインの効果が注目されるようになりました。

 

その効果のひとつがダイエット。1日に5、6杯のコーヒーを飲むコーヒーダイエットは、コーヒー好きならとても簡単なことですね。「本当にそんなことでダイエットできるの? 」という疑問をもたれるでしょう。

 

実は、コーヒーに含まれるカフェインが体内に取り込まれると、体内活動を覚醒させるアドレナリンが分泌され、脂肪細胞に働きかけて分解を促進します。そして血中に脂肪酸として放出されていくのです。

 

ただ、カフェインのとりすぎは、不眠や興奮、動悸などの副作用もあるので、体調に気をつけながら飲むようにします。

砂糖なしのブラックで飲む

どうしてもコーヒーは好きになれないという人は、日本茶、紅茶などを利用してもいいでしょう。玉露や紅茶には、コーヒーより多くのカフェインが含まれています。

 

ちなみにコーヒーに含まれるカフェインの量は、生豆では重量の1.2% 、炒り豆では1.3 % パインスタントコーヒーには0.8%含まれています。そして、ペーパードリップでいれたレギュラーコーヒーで0.04 % 、インスタントコーヒーで0.01%です。

 

コーヒーダイエットで注意したいことは、「ブラックで飲む」ことです。コーヒーはほぼゼロ力ロリーですが、ミルク、砂糖を入れたコーヒーを飲むと、脂肪、糖分も体内にとりこまれてしまいます。

 

砂糖は1グラムで4キロカロリーあります。コーヒー用のスティックシュガーは2〜8グラム入っているので、8〜32キロカロリーです。

1日5杯の砂糖入りのコーヒーを飲むと、40〜160キロカロリーの糖分をとりこむことになります。缶コーヒーは手軽で便利ですが、ほとんどの製品に砂糖が含まれているので、必ず「ブラック」という表示のあるものを買うようにしましょう。

 

また、コーヒーは食後、あるいは運動したあとのくつろぎタイムに飲むというイメージがあります。しかし、コーヒーダイエットでは、「食前」「運動前」に飲むと効果的です。

 

食前に温かいコーヒーを飲むと満腹感が出てくるので、食べすぎの予防効果になります。また、通勤、買い物、仕事での外回りの前にコーヒーを飲むと、体内の脂肪がより燃焼しやすくなります。

 

朝食前に1杯、外出する前に1杯、昼食前に1杯、会社から帰宅する前に1杯、夕食前に1杯という飲み方をすれば理想的です。

ダイエット以外のコーヒーの効果
  • 低血圧対策 カフェインには血流改善や利尿作用があります。朝、1杯のコーヒーで朝が苦手な低血圧の人もすっきり
  • 老化予防・ガン予防 クロロゲン酸とカフェイン酸はガンや老化を予防します。
  • ストレス解消 酸味や苦み、香りがつかれた気持ちをリフレッシュ。
  • 動脈硬化などの予防 善玉コレステロール(HDL)を増やし、動脈硬化を予防
コメント
コメントする