アイソメトリックスから生まれたチョー簡単ダイエットで、気になる部分を引き締めよう。

いつでもどこでも道具なしに手軽にはじめられるダイエット

7秒ダイエットは、アイソメトリックスというトレーニンパノ法をアレンジしたものです。アイソメトリックスとは、場所、特別な道具を必要としないで、いつでもどこでもできる筋力トレーニングです。

 

アイソメトリックスは短期間のトレーニンガノで筋肉が増加し、基礎代謝量を増加させる効果があります。体の中でも大胸筋、広背筋肉、大腿四頭筋、腹直筋などの大きな筋肉を鍛えるのが基本です。

筋肉は、通常、力がかかっていると太くなっていきますが、筋肉の繊維が増えているわけではありません。ところが、力が加わって7秒くらい止めると、筋肉の繊維が増えるのです。

 

たとえば、壁や柱などのように動かないものを全力で押すとか、バスタオルなどのように伸び縮みしないものを引っ張るという単純なトレーニングを行います。

 

筋肉は、全力で力を入れると数秒で最大筋肉量を発揮するようになります。その状態で止めて合計7秒のトレーニングが基本となリます。こうして、効率良く筋肉を増やしていけば、基礎代謝が高まって、太りにくい体になるのです女性は、筋肉というと「ムキムキになるのでは」と心配しますが、7秒ダイエットでは筋肉ムキムキの心配はありません。そもそも女性は筋肉がつきにくい体質なのです。

7秒間力を入れるだけという手軽さ

このエクササイズの特徴は、家庭にあるバスタオルや電車の吊革、オフィスのロッカールームやデスクを利用してどんなところでもトレーニンクすることができ、特別な用具がなくても行えることです。また、筋肉痛になりにくかったり、関節への負担が少ないのでトレーニング初心者でも簡単に始めることができます。

 

エクササイズを行うにあたってのポイントは、3つあります。まず、「ここを引き締めたい」という鍛える部分の筋肉を意識しながら押したり引いたりすることです。そして、力を入れている7秒間は、呼吸を止めないことです。3つ目は、ひとつの動作を全力で行うことです。このときに全力だからといって呼吸を止めてしまったりしがちですが、それは禁物です。必ず呼吸をしながら行うことがポイントです。

 

ひとつのポーズを7秒間行い、少し休憩して、さらにもう7秒間行います。こうして1ポーズ7秒間を5回行うわけです。1 日にこれを3回、週に3、4日行うと効果的です。始める前に軽いストレッチをしておきましょう。また、余裕があれば7秒ダイエットに太極拳やバランスボールなどゆったりした動作をする運動をミックスしてみましょう。

 

7秒ダイエット 引き締めたいパーツ別ポーズ
脇腹
右足でタオルの端を踏み、右手で反対側の端を短めに持つ。左ひじを頭の上まで上げて、わき腹を伸ばして7秒。反対側も同様に。わき腹のたるみに効く
腹筋
太ももにタオルをかけ、両端を握って下に向けて押し下げる。同時に押さえられた足を上に持ち上げるように力を入れて7秒。両ももとも同様に。腹筋に効く
ヒップ・裏もも
イスに座り、背もたれを後ろ手につかむ。足を床からすこし浮かせ、一番近いイスの足にかかとをつける。そのまま後方に力を入れながら7 秒。ヒップや裏ももに効く
外もも
両太もものまわりにタオルを巻きつけ、上で交差させる。タオルの両端を握ったまま思い切り引っ弓長ると同時に、太ももを開くように力を入れて7秒。外ももに効く
上腕・胸筋
体の前でタオルの両端を握り、胸から15cm程度の位置で左右に引っ張って7 秒。上腕、胸筋に効く
背筋
うつぶせに寝て、左手をあごの下へ、右手を前方へ伸ばす。同時に左足を浮かせるようにして7 軌反対側も同様に背筋に効く
コメント
コメントする