一家に1 セット、すっかりその効果が認知されたダンベルで、毎日夕食後にトレーニングすれば効率的にダイエットが可能。

軽めのダンベルでも脂肪が燃える

大ブームを起こしたダンベルダイエットは、いまではウォーキングと同じようにすっかり定着しました。いつでもどこでもできることと、器具が安価なダンベルだけということで手軽さが受けたのでしょう。

 

もはや、ダンベルの効用は多くの人が理解していると思いますが、簡単におさらいしてみましょう。まず、ダンベルを使って軽く筋肉を動かすことで、効率良く脂肪が燃えてくれます。次に脂肪が燃えるためには酸素が必要ですが、軽い運動(有酸素運動)をすることで酸素をたっぶり体内に取り入れることができます。

 

有酸素運動とは、酸素を摂取しながら行う運動のことです。歩く、軽く走る、自転車をこぐ、泳ぐ、縄跳びをするなど、息を止めることなく続けられる運動のことです。

 

また、女性が心配していた「ダンベル= 筋肉をつける」といった考え方もいまではなくなりました。確かに重いダンベルを力を込めて持ち上げる運動をすれば、筋肉ムキムキになります。しかし、ダイエットのためのダンベル体操は筋肉を鍛えるのではないので、重いダンベルを使って長時間行う運動ではありません。そのため、腕、肩の筋肉がつく心配もありません。無理のない重さのダンベルを使って軽く体を動かせば、一紺そのあとも脂肪が燃えてくれるというのがダンベルダイエットの考え方なのです。

 

夕食後のダンベル体操でインスリン分泌低下

ダンベル体操は、1回15分程度で十分です。いつやってもいいのですが、食後が効果的です。それも夕食後2時間以内に行うと効果が高くなります。

なぜなら、食後は血糖値がピークを迎えるので、ダンベル体操をして血糖値を下げ、インスリンの分泌を抑えることで脂肪がたまりにくくなるからです。

ダンベル体操は、音楽を聴きながら、あるいはテレビを見ながらでもかまいません。寝る前、朝食後といつでもできるのがダンベルのよさです。さらに、最近では小さなダンベルを持ってウォーキングをしている人も見かけます。これも相乗効果でよりダイエット効果が高くなります。

 

また、必ずしもダンベルでなくてもかまいません。ペットボトルに水を入れたものなど、身近にあるものを利用してもかまいません。会社の昼休みなどは、電話帳など厚い本で軽い運動をしてもいいでしょう。

糖質制限食は糖尿病、ダイエットに最適な食事療法で主食の炭水化物を減らすだけと合わせてダンベル ダイエットを行えばさらにダイエット効果は高まります。

コメント
コメントする