たかがボールだが医療のリハビリ用から発展させたので、脂肪が燃えるように計算されている

筋肉の量を増やして基礎代謝を高めよう

たかがボールですが、もともと医療用に開発されたリハビリ用の機材なのです。現在では正しい姿勢やバランス感覚・平衡感覚を学ぶ道具として、病院などで運動障害患者の治療、リハビリに用いられています。

 

通常リハビリに使われる器具は、無機的で冷たい感じがしますが、見た目も優しいバランスボールを使うことで、楽しくリハビリを続けることができることが人気の秘密です。

 

そのうちフィットネス、スポーツトレーニンクにも効果があるということで、各種エクササイズの道具として世界中に広がり、プロスポーツ選手、女性、高齢者、子どもと幅広く使われるようになりました。

バランスボールは筋肉の量が増え、姿勢が良くなり、血行も良くなることによって基礎代謝が高まります。そして、トレーニンパノを続けることでどんどん脂肪が燃焼していきます。バランスボールで特筆すべきことは、インナーマッスル(体幹筋肉)が鍛えられるということです。インナーマッスルというのは、姿勢やバランスを制御する筋肉で、身体の奥にあるため通常の筋肉トレーニングでは鍛えることが非常に難しい部分です。

また、バランスボールは、体のゆがみを矯正することができます。これにより、腰痛の緩和などが期待できます。

平衡感覚、バランス感覚が身についていく

体を伸ばす運動は1人ではなかなかできませんが、バランスボールですと上に乗った体を沈めたりと、楽しみ少ながらエクササイズができます。

バランスボール独特の感触に心も休もリラックスします。さらに、一般のトレーニンクでは鍛えられない平衡感覚やバランス感覚も知らず知らずに向上していきます。バランスボールの基本は、ボールの真ん中に座ることです。簡単だと思われるでしょうが、最初はこれがけっこう難しいのです。

そして背筋を伸ばし軽く弾む、じよじよに片足を上げたり、かかと、つま先を上げるなど、床との接地面を考えながら体を動かしていきます。バランスが取れるようになったら手を離し、胸の前で腕を組みます。

 

ジムでは、バランスボールの上に仰向けになり体を伸ばす、体の横にバランスボールを入れて体側を伸ばすバランスボールをお尻の下に入れて立て膝をし前後に動かす、バランスボールに〔足を乗せて腕立て伏せをするなどの筋力トレーニンクも行っています。バランスボールのトレーニングをはじめると、最初のころに腰にハリを感じますが、これは正常な状態です。ボールの上で身体を安定させようと無意識に筋肉が動いています。

このため、使わないで衰えていた腰やおなかの筋肉が活動を強いられ、一種の筋肉痛が起こったのです。

 

筋肉痛でトレーニングをやめてしまう人が多いのですが、就寝痔にリカバリーウェアを着て寝るとぐっすり睡眠でき、筋肉が回復します。

 リカバリーウェア(休息専用ウェア)の使用感・効果

コメント
コメントする