ヨガに動きを加えたことによって、筋肉を使って脂肪をエネルギーとして消費するダイエット方法。

動く・静止する・動く連続運動でダイエット

インドでヨガを学んだアメリカ人が1990年代後半に生みだしたのがパワーヨガです。

パワーヨガは、「動く→長く静止する→動く」を繰り返すところがヨガとの大きな違いです。短期間でダイエットできることから、パワーヨガは世界的ブームになっています。

 

パワーヨガはどんな場所でもできるので、アメリカではヨガマットを小わきに抱えて通勤する姿が風物詩となっています。

 

早い人は2週間で数キログラムの体重が減るというので、まさに驚異のダイエットです。パワーヨガの秘密のひとつは、その呼吸法です。鼻で吸って鼻で吐く、つまり鼻呼吸なのです。鼻呼吸は通常の呼吸と比べて体内に多くの酸素が取りこめるため、脂肪を燃焼させるリパーゼという酵素を活性化させます。

 

さらにゆっくりと呼吸することで、副交感神経が働きリラックス効果が高まることもダイエットに効果的です。ここまでは一般的なヨガでも同じことがいえますが、パワーヨガは「動く→長く静止する→動く」という一連の運動に大きな秘密があります。この運動中に使われる仙肋肉は、大半が脂肪をエネルギーとしているのです。

精神面も強化してリバウンドを防止できる

パワーヨガは、単なるダイエットと違って、ボティメイク効果があります。これが、メグ・ライアン、ジュリア・ロバーツなどハリウッドの美人女優に人気の理由です。

 

呼吸のときの横隔膜運動によて内臓を刺激して腹圧を高めます。さらに、ヨガといえばメンタル面の効果が高いことが知られていますが、パワーヨガでは初心者でも簡単に深い精神の集中状態をつくりだし、本格ヨガの真髄に近づき、ダイエットのリバウンドを防止する強い精神力をやしなえます。

そのほかエクササイズを続けることにより、体のさまざまな機能の調子を整えることができます。

 

たとえば、免疫機能の向上、身体の疲れを取り除く、血液循環を促進する、自律神経を正常化する、身体のゆがみを矯正する、さらには肩こり、頭痛、腰痛、冷え症、便秘、生理痛、不眠症、眼精疲労なども改善します。パワーヨガは、専門のジムに入ってエクササイズする方法、レッスン用のDVDなどを見て自習する方法もあります。

 

自習するときは自分のペースで行いましょう。疲れたら深く、ゆっくり鼻呼吸をしてリラックスします。また、ヨガは集中することが基本なので、テレビ、音楽などは逆効果です。また、時間がないときは、お気に入りのポーズだけを行っても、十分効果があります。

パワーヨガ ダイエットのやり方
  1. 四つん這いになり手の指をすぐ前に向け、足の指を立てます
  2. 吐く息で猫のように背を丸くします
  3. 吸う息で腰を下げるように胸を持ち上げ頭を後ろに持ち上げます
  4. 再び頭を下向きにします
  5. 両ひざを立てた状態で右肩を床におとしのばします
  6. そのまま左腕を大きく開きます
  7. 戻るときは、上の手を頭の前に置き、頭を戻して、腹筋で体を起こすようにしましょう
  8. 四つん這いに戻り、反対も同じように行います。
コメント
コメントする