水太りは迷信。水をたっぶりとりながら食事をすれば、便通もよくなりタイエツト効果が高まる。

水を飲みながら食事をするダイエット方法

昔は水太りなどといって、水を飲むと太るといわれていました。しかし、いまはそんな迷信は誰も信じる人がいないほど、水の効用が広まっています。

 

ウォーター ダイエットといっても、1度に何リットルも飲んだり、水だけ飲んですごす断食ではありません。こういった水の飲み方は、1日くらいはできるでしょうが、長続きしません。何日も水だけで過ごしていると、栄養不足で倒れてしまいます。

 

よく山で遭難した人が救出されるまで、水だけ飲んで何日も過ごしたというニュースを聞きますが、人間の体はとても水だけでは何日ももちません。ここで提唱するのは、食事をしながら水を多めに飲む、というダイエット方法です。

 

食事をしながら水を飲むと食事の時間が長くなります。そうすると、血糖値がゆっくり上昇し、インスリンの分泌を抑え、脂肪がたまらなくなります。

また、水を飲めば、早く満腹感を得られ、全体的な食事量が減ります。また、カルシウムなどミネラル分が含まれている水を飲めば、便通もよくなります。

よく硬水を飲むと便秘が改善されるといいますが、軟水でも水分を多めに摂ることで便秘を改善することは可能です。

ただしがぶがぶ飲むのではなくゆっくり飲むのが大事なポイントです。

ダイエット効果をのぞむならやっぱり硬水

ダイエットに使う水は、基本的に何でもいいのですが、ミネラル分を含んだものがいいでしょう。ダイエットウォーターという商品も市販されていますが、中身は普通のミネラルウオーターとほとんど変わりません。また、国産のミネラルウオーターは、加熱殺菌されているものが多くあまり期待できません。

 

ただし、ろ過式のミネラルウォーターは、天然のミネラル分が含まれています。フランスのエビアなどヨーロッパのミネラルウォーターは、加熱されていないので、カルシウムの含有量が多いのが特長です。

 

カルシウムをたくさんとっても、吸収されるのは3分の1しかありませんが、残りの3分の2は、腸を収縮させる働きがあります。

この収縮は、便秘を解消する効果があります。フランスなどに旅行するとき、「生水は飲まないように」といわれますが、これは水道水の衛生状態が悪いということではありません。フランスなどの水は「硬水」といって、カルシウムなどのミネラル分が豊富に含まれているからです。ふだん「軟水」を飲み慣れている日本人は、こういった水を飲むと下痢をすることが多いのです。

 

逆に、便秘気味の人は、フランス旅行をしているうちに、便秘が解消したということもーのります。また、日本各地に「名水」とよばれる天然水があります。こういった水は、昔から長寿の水などといって、土地の人に飲まれてきました。こういった水を汲んでくるのも安上がりですね。

ミネラル豊富なミネラルウォーターはこちら。

コメント
コメントする