真っ赤な唐辛子は、いかにもダイエットに効きそう。カブサイシン効果で食べた脂肪を分解させよう。

アドレナリンの分泌を促進する働きがある

唐辛子は熱帯アメリカの原産で、コロンブスによってスペインに伝えられました。その後インド、東南アジア、中国に渡来したといわれています。

 

唐辛子は世界中で使われていますが、日本人がこれほど唐辛子を好むようになったのは戦後のことです。エスニック料理、韓国料理などがブームになる以前は、せいぜい薬味や香りづけ、漬け物に少量使われる程度でした。唐辛子の辛み成分であるカブサイシンがダイエットに効果があるということは、いまでは多くの人が知っています。唐辛子をとると、すぐに体が熱くなって汗がたくさん出ます。これは、カブサイシンの作用です。

 

カブサイシンは体内に入ると小腸で吸収され血液中に入ります。そして、脂肪を分解するホルモンのアドレナリンを分泌させます。アドレナリンが出ると体が興奮して、体温が上がり脂肪の分解を促進するわけです。

運動をするときもアドレナリンが出て、体温が上がります。カブサイシンは、これと同じ働きがあるのです。ただ、唐辛子だけでやせようと思ったら、コップ1杯もとらなければいけません。現実には、そんなにとるのは危険なので、適度なカブサイシン摂取と軽い運動を併用するといいでしょう。

運動するときはカプサイシンのサプリを飲む

カプサイシンは、ダイエットだけでなく、便秘解消、新陳代謝をよくし持久力向上、免疫力が向上して風邪の予防などさまざまな効果があります。

唐辛子を使った調味料は、粉唐辛子、ラー油、トウバンジャン、コチジャン、タバスコ、沖縄のコーレーグースなどバラエティに富んでいるので、いろいろな料理からカブサイシンをとることができます。

 

また、辛いものが苦手な人には、辛さを取り除いたカプサイシンのサプリメントがおすすめです。運動前にカブサイシンのサプリメントをとると脂肪が燃えやすくなります。

 

タイや韓国では1日に15グラムとっているそうですが、これらの国は子どものころからゆっくり辛い味に慣らしていくので、刺激に対して胃腸が強くなっているのです。日本人は、とても15グラムなどとれません。せいぜいその半分くらいがリミットでしょう。

 

しかも、唐辛子の食べすぎは、胃を傷めます。また、大量の唐辛子を長期間食べていると、舌が麻痺して辛みだけでなく、甘みや塩味なども感じなくなり、味覚障害を起こします。のどや胃に異常を感じたらやめましょう。ただ、日本の唐辛子と比べると、韓国産の唐辛子は辛みがあまり感じないといいます。少し高価ですが、韓国産のものを使うのもいいでしょう。

 

老化防止にベストなのは体温アップ

 

コメント
コメントする