あまりなじみのないカルニチンだが、中性脂肪、脂肪酸を活発に燃やしてくれる。

運動不足の人に必須の成分

カルニチンは、日本では比較的新しいダイエットのアイテムですが、アメリカでは以前からなじみのあるダイエットとして知られていました。

アメリカでは、スポーツが苦手な人い連動する暇がない人、仕事で座っていることが多い人、1日中車に乗っている人などがカルニチンのサプリメントを愛用しています。

 

カルニチンは、必須アミノ酸であるリジンとメチオニンによって主に肝臓で生成され、主に骨格筋と心臓の筋肉に含まれています。

 

カルニチンは、細胞内のミトコンドリアの膜の部分で待ち受けて、血液で運ばれてきた脂肪酸を次から次へと分解して、ミトコンドリアに送り込んでいき、やがてエネルギーとして消費されます。

 

しかし、ミトコンドリアに入れなかった脂肪酸は、エネルギーとして消費されず脂肪に合成されて体内に蓄積します。このようにカルニチンは、血液中の脂質を筋肉に運び代謝を促進するために重要な働きをしているのです。

 

しかし、カルニチンは20代をピークに年を取るとともにだんだん減少していきます。これは、体内の合成能力が衰えるためです。そこで、体外からカルニチンを補ってやることが、肥満防止になるというわけです。カルニチンは、食べものでは肉類に含まれており、ラム肉には豚肉の5倍のカルニチンが含まれています。

カルニチンはサプリで摂取する

カルニチンは、心臓の筋肉に多いことから、心臓の働き朋にも重要なかかわりがあります。心臓は、心筋という筋肉によって日夜動き続けています。

心筋のエネルギーとなるのは70% が脂肪なので、年とともにカルニチンが減少して心筋に取り込まれる脂肪が少なくなります。そうすると心臓の動きが悪くなるのです。このことから、カルニチンは血液透析、肝硬変、糖尿病、心臓病、心筋などの動脈疾患、静脈栄養など医療現場でも使われているのです。

 

カルニチンは必須アミノ酸から生成されるので、アミノ酸を多くとっていると体内のカルニチンを増やしてくれると考えられます。牛肉、ラム肉の赤身の部分には、カルニチンそのものが多く含まれています。しかし、必要量のカルニテン(1 日3 0 0〜500ミリグラム)をとろうと思ったら、ラム肉を1日500クグラム食べなければいけません。とても、こんなには食べられませんよね。このように、食べものだけで必要量のカルニチンを摂取するのは難しいのです。いまのところ、サプリメントを利用するのが一般的です。

カルニチン - 効能、効果

コメント
コメントする