お酒がタメな人でもできるビール酵母ダイエット。空腹感が少ないのでストレスもたまらない。

ビール酵母は満腹感が得られる

ビール酵母とは、ビールを製造するときに利用される発酵菌のこと。ビール製造工程でビール酵母は、大麦のミネラル、アミノ酸などの栄養を取り込みながら、どんどん増殖していきます。

 

発酵を終えた酵母は下に沈み、上澄み液がど− ルになります。いわばビールのカスビール酵母は、長い間家畜の飼料などに利用されていました。

 

ビール酵母の主成分はタンパク質です。しかし、ビタミンB群、カルシウム、鉄、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、リン、銅、亜鉛、マンガンなどのミネラルと、体に必要なものがほとんど含まれております。ところが近年、このど− ル酵母がにわかにダイエット食品として注目を集めるようになりました。

 

ビール酵母には食物繊維が多く含まれています。このことからダイエットの敵、便秘に効果があります。このほかビール酵母にはたくさんの栄養成分が含まれていますが、ビタミンA、C、Eが不足しているので、ほかの食品やサプリメントなどで補うのが理想的です。意外なことにど− ル酵母そのものには、直接ダイエットにつながる要素はありません。

 

それではなぜダイエットに効果的なのでしょう。それは、ビール酵母はグルカン、マンナンといった多糖体によって構成されており、これらが水分を吸収することで膨張して、満腹感が得られるのです。しかも、グルカン、マンナンは、腸壁を刺激して腸内環境をととのえるので、便秘解消にもなります。

空腹感がないのでストレスがない

ビール酵母ダイエットは、1日1、2食をど− ル酵母入りヨーグルトにすることで、力ロリーを抑えてやせる、低力ロリータイエット法になります。

 

ビール酵母は錠剤、粉末などになっており、これをヨーグルトに混ぜて食べることによって、満腹感が得られるのです。このダイエットは何も食べないで空腹感に耐えるダイエットとは違い、ストレスもたまりにくいといわれています。粉末のビール酵母の場合、ヨーグルト100グラムに対して、大さじ1杯をタマにならないようによくかき混ぜて食べます。ビール酵母には独特の臭いや昧があるので、混ぜる∃ −グルトは果肉入りのものにしたり、ジャムを混ぜたり、レモン汁を搾ったりと、 食べやすいように工夫してみてください。

 

また、ビール酵母は、アルコールではないのでお酒を受けつけない人でも安心してとれます。ただし、ビール酵母は核酸という成分を含んでいるので、痛風のけがある人には向きません。

サプリメントの活用で腸の掃除(ビール酵母)

 

コメント
コメントする