納豆菌と乳酸菌の相乗効果で最強のタイエツト食品。毎日、1回キムチ納豆を食べてダイエットをしよう!

納豆にはビタミンB2とナットウキナーゼの働き

納豆とキムチは、日本と韓国の代表的な健康食品です。この2つを合体させたキムチ納豆は、最強のダイエット食として大ブレイクしました。

 

世界中に発酵食品は数多くありますが、その中でも生きた菌が入っている数少ない食品が、納豆とキムチなのです。微生物が生きているということは、納豆やキムチには単なる栄養分だけでなく生きた菌に体調を整える力があるとも考えられます。まず納豆ですが、ビタミンB2が豊富に含まれています。

ビタミンB2は、脂質や糖質の代謝に関わっていますが、納豆の原料の大豆には少量しか含まれていません。しかし、発酵させて納豆になると納豆菌の働きによってビタミンB2が生成されるのです。

 

ビタミンB2は脂肪を燃やすだけでなく、疲労回復、肝機能の向上、二日酔いの防止、さらに肌をきれいにする効果もあります。納豆特有のネバネバにはナットウキナーゼという酵素が含まれており、血栓を溶かして血液をサラサラにしてくれる働きをします。低エネルギー、低糖、低脂肪、良質なタンパク質や食物繊維も豊富なので納豆はダイエットにうってつけの食べものなのです。

他にもビタミンB2の働きは次のようなものがあります。

キムチにはビタミンB1とカプサイシンの効果

次にキムチですが、ご存知のようにキムチには唐辛子がたっぶり使われています。この唐辛子に含まれる辛味成分のカプサイシンは、アドレナリンを分泌させて体を興奮状態にして、脂肪を燃焼させる効果があります。

 

さらにキムチにたっぷり含まれるの二ンニクは、ビタミンB1の吸収を助け、糖がどんどんエネルギーに変わります。

血糖値を下げる | ニンニクの効能、効果

キムチ納豆の効果的な食べ方ですが、まず市販のキムチと納豆をほぼ同量よく混ぜ合わせます。そして、常温で一晩おきます。一晩おくことによって乳酸菌がどんどん増え、抗酸化作用、免疫力が上がり、ガン予防にもなるのです。

 

納豆は納豆菌、キムチは乳酸菌がそれぞれ大量に含まれています。最近の研究で、納豆菌を乳酸菌といっしょにとると、乳酸菌の増殖を助けることがわかりました。納豆菌が分解され、それを乳酸菌が工サにして成長していき乳酸菌が増殖するのです。ですから、キムチ納豆は乳酸菌を効率的に腸内にとりこむということでも非常に良い食べ合わせです。

 

1日に1回キムチ納豆を食べるだけという簡単なことです。本当は、朝食に食べるのがいいのですが、においのことを考えると、夕食のほうがよさそうです。キムチ納豆は、ガン予防のほか、男性に多い心筋梗塞などの血管系の病気、女性にとって深刻な悩みである骨粗鬆症などの予防効果もあります。

コメント
コメントする