炭水化物、タンパク質、脂肪の力ロリー比率を4 :3:3 にして、太りにくい体をつくるセレブご用達のダイエット。

カロリー比率4:3:3でゾーン状態を保つ

10数年前アメリカの学者が考案したゾーンダイエットは、スポーツアスリートが導入し、オリンピックで大きな成果を上げました。また、ハリウッドスターの健康トレーナーもこのダイエットを取り入れたため「ハリウッド ダイエット」と呼ばれるようになhリました。

 

このダイエットは、1食当たりにとる炭水化物、タンパク質、脂肪の力ロリー比率を4:3:3にすることが基本です。こうすることで、ホルモンのバランスが最適となり、脂肪が燃えて太りにくい体質になるのです。

 

この状態を「ゾーン」と呼びます。炭水化物を大量に食べるとインスリンが多く分泌され太りやすくなります。このインスリノの働きを抑えるのがグルカゴンというホルモンです。

グルカゴンは、タンパク質をとることによって分泌量が多くなります。炭水化物4に対してタンパク質3の割のときにインスリンとグルカコンのバランスがゾーン状態になるのです。

 

脂肪には、工イコサノイドという体に大切なホルモンを分泌させる働きがあります。ただ工イコサノイドには、善玉と悪玉があり、このバランスをとることでゾーン状態を保たなければいけません。このような観点から、4:3:3の力ロリー比率が計算されたわけです。

炭水化物は野菜、果物から摂る

力ロリー比率に従って、1日にとる食事の量を決めるわけですが、それは自分のLBM(除体脂肪量)×活動レベル指数で1日にとるタンパク質の量を計算します。(

メニューで注意することは、炭水化物はできるだけ果物や野菜でや果物からとり、タンパク質は魚や鶏肉など低脂肪からとることです。また、これで空腹感があるようなら炭水化物の量を柑% ほど増やしてやりましょう。

 

脂肪はタンパク質の食材にも含まれていますが、それだけでは足りないので、炒め物で少量の油、あるいはドレッシングなどからも摂りましょう。

コメント
コメントする