ヨーグルトに含まれるカルシウムで脂肪を分解、1日500グラム食べれば健康を維持してダイエットができる。

体脂肪を下げ体重も下げる

∃− クルトというと、乳酸菌の効果で整腸作用があるということは、もはや誰でもが知っていることです。乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やして腸内細菌のバランスを改善してくれます。そのため、便秘を改善してくれて、いつもすっきりおなかになるのです。

 

2005年は、大量のスギ花粉が飛来したことで、症状の軽心臓にヨーグルトがいいということで売上げが大幅に増えたそうです。さらに同じ2005年、ヨーグルトを食べると体脂肪率や体重が減少するという報告が注目を集めました。

 

一般的に乳製品をたくさん食べると脂肪が増えるといわれていますが、ヨーグルトに含まれているカルシウムがダイエットに効果的ということがわかりました。

 

∃− クルトは牛乳よりカルシウム吸収率も高いのです。乳酸菌ではっ酵する過程で牛乳中のたんばく質が分解され、カルシウムが乳酸と結びつき乳酸カルシウムという消化吸収しやすい形になるためです。

 

体内に十分なカルシウムがあると、脂肪が増えにくく、脂肪の分解が進みます。その結果、脂肪細胞が小さくなるのです。さらに、カルシウムの摂取量が多いと、カルシウムとくっついて便で排出される脂肪の量が多いということも確認されています。

1日の500グラムのヨーグルトを摂る

ヨーグルトは1日500ミリグラム摂取することが理想になります。ただし、1回に500グラムを食べるのではなく、朝食代わりに200グラム、昼食と夕食前に150グラムというように、数回に分けて食べるといいでしょう。

便秘改善を目的にしているのなら200グラムでOKなのですが、ダイエットとなると500グラムが推奨されます。

 

∃−クルトを使った週末プチ断食という方法もあります。土曜、日曜日の3食を100〜120グラムの食べきりサイズのプレーンヨーグルトだけにします。

そのほか、ビタミン、ミネラルはサプリメントで補給して、十分な水分補給をします。このような週末プチ断食をするときは、前日の金曜日と週明けの月曜日の食事を軽めの和食にするのがポイントです。ダイエットで食べる∃−クルトは、低脂肪、低糖のプレーンタイプにします。カルシウムを強化したものも市販されています。

 

また、ナッツなどマグネシウムを含んだ食品、ドライフルーツなど食物繊維をたっぶり含んだ食品をトッピンクすることで、ヨーグルトがさらにパワーアップします。オリゴ糖はヨーグルトとの相性は最高です。

 

ヨーグルトは、一気に食べると、下痢をすることもあります。腸が敏感な人は、ゆっくり食べましょう。また、下痢が続くようなら、その∃− クルトに含まれている乳酸菌と体の相性が悪いということになります。ほかの∃− クルトに変えてみることです。

コメント
コメントする