毎日、体重を計って記録するだけ。これで本当にやせるのだから不思議?

1日50〜100グラムを目標にする

ダイエット後のリバウンドは、食欲を抑え基礎代謝を上げるレプチンというホルモンが不足することで起きます。しかし、レプチンが不足してもリバウンドを起こさない体重を計るだけというダイエットがあります。

 

具体的な方法を説明しましょう。まず体重計は、なるべく目盛が細かいものを使ってください。というのは、1日で100グラム減量したとき、1目盛100グラムの体重計なら、はっきりと減量したことが確認できるからです。体重は、朝起床直後にトイレを済ませて1回、夕食後に1回の1日2回計ります。この数値を1目盛100グラムにしたグラフに記入します。つまり、毎日の体重は折れ線グラフとして記録されていきます。

 

また、寝る直前に計った体重は、別欄に記入します。そして、もし体重が上がったときは、「言い訳」として欄外に記入します。目標は、1日50〜100グラムの減量です。こうして記入した体重データをどう生かすかです。そこで生きてくるのが「言い訳」。「友だちに誘われて外食した」「美味しいのでついお代わりした」という記入があれば、やせない原因が明らかになり、それを改善するために努力をするようになります。

 

また、通常、夕食後のほうが体重が重く、翌朝になると体重が下がります。しかし、夕食後と朝の体重が変わらない場合、夕食後に何か間食をしているか、夕食の時間が遅いかのどちらかです。このことを知れば、どう改善すればいいかわかるのです。

 

計るだけダイエットが効果的な理由は、グラフが右肩下がりになることで得られる「快感」です。たとえば、グラフの変化を見て「暇なときにテレビを見てごろごろしているより、ウォーキングしてやせたほうがいい」「ご飯のお代わりをするよりグラフ2目盛下がったほうが気持ちいい」というような考え方が芽生えてくるのです。油や糖分をとると脳からエンドルフィンという強い快感物質が分泌されます。これに打ち勝つことはそう簡単ではありません。しかし、やせたいという人は、右肩下がりのグラフを毎日見ることで、快感物質以上の快感を得られるのです。このダイエットを成功させるコツがいくつかあります。

食事よりグラフの目盛りが下がることが楽しくなる

計るだけダイエットが効果的な理由は、グラフが右肩下がりになることで得られる「快感」です。たとえば、グラフの変化を見て「暇なときにテレビを見てごろごろしているより、ウオーキングしてやせたほうがいい」「ご飯のお代わりをするよりグラフ2目盛下がったほうが気持ちいい」というような考え方が芽生えてくるのです。油や糖分をとると脳からエンドルフィンという強い快感物質が分泌されます。これに打ち勝つことはそう簡単ではありません。しかし、やせたいという人は、右肩下がりのグラフを毎日見ることで、快感物質以上の快感を得られるのです。このダイエットを成功させるコツがいくつかあります。

毎日全身を鏡に映す。動機づけと自己暗示の効果を利用したダイエット法。

鏡を見て自分の体と対話することから始めよう

鏡を見ることがダイエットになるの? と思うかもしれませんが、実はダイエットをする人にとって、鏡は本当に心強い味方になるのです。

 

あなたは自分自身の全裸を鏡でまじまじと見たことがありますか? 自分の醜い体なんか見たくないかもしれませんが、まず現実を直視しなければなりません。

 

大きなお尻、たるんだお腹、太り脚、たるんだ二の腕などを鏡で映せば、「ダイエット頑張って、スリムな自分に生まれ変わろう!」と強い決意が生まれてくるはずです。毎日鏡を見るのと見ないとでは大違い。そのモチベーションで、結果もおのずと差が出てきます。毎日、自分のの裸を鏡で見る。ただそれだけでいいのです。そうすることで自分の体がわかってきて、そして愛おしく思えて、ダイエットを続ける大きな励みになるはずです。まず全身が映る大きな鏡を用意しましょう。毎日、朝晩体重を測り、その後で鏡に全身を映して客観的に観察します。できれば裸で、少なくとも下着だけにしましょう。

夜ならお風呂上がりに裸のままで観察できますね。全身を鏡で見て、「ここの肉なんとかならないかな!」なんて言いながら、マッサージしてもいいでしょう。

鏡を見る手順は次のとおりです。

  1. まず全身を見る
  2. 左右側面のシルエットを見る
  3. 手鏡などを使って後ろのシルエットを見る
  4. 体をねじったり、曲げたりして見る

などを基本に、あとは自分なりにポイントを決めるといいでしょう。とにかく毎日鏡で全身を見ることを習慣にして、あとは好きなダイエットを組み合わせればいいのです。最初はうんざりかもしれませんが、自分の体に見慣れてきて、ウォーキングやストレッチなど他のダイエットを続けていれば、自分の体の変化が目に見えてわかるようになります

鏡を見ながら自己暗示をかけると本当にやせる

鏡の前に立って、ポーズを とったりやせた自分を想像し ながら、「絶対やせてきれい になる!」と自己暗示をかけ ると、本当にやせたり、きれ いになってくるそうです。

 

なんでも脳の作用でやせようと か、きれいになろうと、ある 種のホルモンが分泌され、そ の効果が促されるそうです。 あの叶姉妹は、全身が映る 鏡が部屋中にあって、しかも部屋にいるときは全裸だそうですが、まさしくミラー効果の実践者かもしれませんね。

 

自己暗示の効果は心理学でも実証されていますが、自己暗示できれいになれるのなら、利用しない手はありません。鏡を見るときは、まず他人の目で見て自分の体をチェックし、そのあと「私はもっとやせてきれいになる」と鏡の中の自分に話すのです。他人には見せられない姿ですが、ダイエットと思えば恥ずかしくないですよね。

サルバチアダイエットとの組み合わせがいいでしょう。

 

友だちと競ってダイエットを成功に導くサポート方法。

写メールで何をたべたか報告しあう

携帯電話やパソコンでメール交換をしているメル友と、ダイエットの情報交換をして、競争してやせようとするチャレンジ法です。

ダイエットは、とかく孤独になりやすく、ひとりでやっていると挫折しやすいものですが、メル友と励ましあい、競い合って継続させていきましょう。効果が上がりやすいダイエットのサポート法として、人気が高い」卓つです。1 対1 だと、ついつい妥協してしまうので、できれば3人、4人とダイエットのためのメル友を募集。離れている人だと、ダイエット効果を互いに確認しにくいので、できれば毎日での顔を合わせている人がベストです。まずはメール交換しながら、チャレンジするダイエッ卜法と現状の体重(体脂肪)、目標体重(体脂肪)を決めます。

 

毎日の変化が目に見えてわかるように、体重計は0.1キロガノラム単位の表示、体脂肪計は0.2%単位の表示のものを使用します。

毎日、体重を測定する時間を決めて、体重と体脂肪を知らせあいます。体重・体脂肪測定は、夕食前の入浴の前が適していますが、生活パターンによって難しいなら、全員がほぼ同じ時間帯に計れるように、みんなで決めて、その時問を守るようにしましょう。

 

食事の内容と体重の関係を比較して、どんなものを、どれくらい食べたときには体重がどのように変化するかを知るために、写メールで自分の食事をみんなに送りあって、お互いにチェックするのも楽しいですし、より密度の濃い情報交換になります。

メル友の結果を見て自分の欠点を知る

1週間ごとにメル友の反省会を実施。うまくいってる人を誉めて、中間ランキングを発表。上位は順位をキープしようと頑張るし、下位は追い抜こうと頑張るので、相乗効果でダイエットが進みやすくなります。ライバル心をかき立てるために、1ヶ月後の優勝者には全員が出しあったお金でプレゼントを贈るなどの工夫を。

 

ただし、優勝者にごちそうというのは、せっかくのダイエットの成果を無にしかねないので、飲食は厳禁。1ヶ月後に報告をし合って、ランキングを発表。上位になれなかった人で、思うような結果が出なかった人は、ほかのメル友を見つけて、再チャレンジ。競争相手が変わって、上位にいるとダイエット法が長続きしやすく、案外とよい結果が出るものです。

 

メル友ダイエットで成功しやすいのは、食事を減らして我慢するものよりも、運動のように根気がいるものを1か月1ヶ月継続させるものが適しています。一緒に行動している範囲の人となら、できるだけ外谷艮外食は一緒にするようにして、食べる量や食べ方を自分と見比べて、自分の欠点(早食い、バランスの悪い食事内容、マヨネーズのかけすぎなど) をチェックすると、より成功につながりやすいでしょう。

油を味方にする、現代人はオメガ9 系を積極的に摂ることで効率よく健康的に痩せる オメガ3、6、9について

モーツァルトはリラックス効果以外にダイエット効果もある。

モーツァルトは、副交感神経の働きを活発にする

モーツアルトを聴くだけでダイエットできる、血糖値が下がる、免疫力が上がると人気になっているダイエット法です。

 

モーツアルトの楽曲の周波数は3500〜5000ヘルツの高周波数音域がたくさん使われています。ヘルツは1秒間に何回振動するかを表す単位です。

 

クラシック音楽は高周波数音域が多く、リラックスしやすいのですが、中でもモーツァルトは高周波数なのでリラックスしやすいのです。

高周波数は、自律神経の副交感神経の働きを活発にします。自律神経には交感神経と副交感神経があり、自動車にたとえると交感神経はアクセルで副交感神経はブレーキ。交感神経は神経を興奮させる作用があり、副交感神経は興奮を抑える働きがあります。

 

ストレスがたまると太りやすくなり、ストレスを解消する副交感神経の働きが活発になるとストレス太りが抑えられるというのが、モーツアルトダイエットのポイント。ストレスは、もともと体にとっては危機的な状況で、走って逃げ出すためのエネルギーとして仙肋肉の中にたくわえられているグリコーゲンを分解して、血液中にブドウ糖を放出します。

 

肉体的なストレスなら、そのエネルギー源のブドウ糖を消費することができますが、精神的なストレスはあまりブドウ糖が使われないで、血液中に濃く残ってしまいます。余分なブドウ糖は肝臓で中性脂肪に合成され、脂肪細胞の中にたまっていくようになります。これがストレス太りの原因。ストレスがたまると、それを解消するために甘いものがほしくなったり、食べすぎたりすることだけがストレス太りの原因ではなかったのです。

昼間、ストレスがたまったときに聴くと効果的

モーツァルトはいつ聴いてもいいし、寝るときにはリラックスして眠りにつきやすくなりますが、とくに効果があるのは仕事が勉強などでストレスがたまってきたとき。

 

昼間は、交感神経の働きが盛んになっているので、そのときにストレスによって興奮すると、ますます太りやすくなります。

疲れたり、興奮したら、モーツァルトを聴きましょう。ただ、避けてほしい時間帯があります。それは夕食の前後。夕食時には副交感神経の働きが盛んになっています。

 

モーツァルトを夕食のときに聴くと、副交感神経の働きが、より盛んになって、胃液とインスリンが多く分泌され、肝臓でのブドウ糖から中性脂肪への合成が盛んになり、脂肪細胞への蓄積も盛んになってします。

 

インスリンが盛んに分泌されるのは食事を始めて30分ほどしたとき。消化、吸収にひと区切りがつく1時間ほどはモーツァルトを聴くのは避けたほうがいいでしょう。

眠れない人は、ストレスで眠れない人に「モーツァルト」がおすすめ!が効果的です。

やせる脂肪「褐色脂肪」を活性化させ、やせやすい体にしよう。

太る脂肪「白色」とやせる脂肪「褐色」

ひと口に体脂肪といっても「白色脂肪」と呼ばれるものと「褐色脂肪」と呼ばれるものの2種類の脂肪細胞があります。私たちが普段「脂肪がついて太っちゃったー」という脂肪は白色脂肪のことで、もうひとつの褐色脂肪は、いわゆる善玉の脂肪です。

 

褐色脂肪がやせる脂肪といわれるゆえんは、熱を出してエネルギーを消費しやすくし、体温を保持する役目があるからです。成人でも全部合わせて40グラムほどしかないのですが、この褐色脂肪の働きが活発ならば、余分な脂肪がどんどん燃焼されていき、脂肪を溜め込みません。肥満ぎみの人は、この褐色脂肪の働きが弱っているともいえます。褐色脂肪は交感神経の刺激によってその働きが活発になるので、じょうずに交感神経を刺激すれば、いままでその働きが弱かった人も効果的に脂肪を減らすことができるでしょう。

温冷シャワーで褐色脂肪を活性させる

褐色脂肪は主に首筋、わきの下、肩甲骨の周辺、心臓の周辺、腎臓の周辺にあります。食事をするとよく首筋が温かくなったり、わきの下や背中が熱くなったりしますが、それは褐色脂肪がエネルギーを消費している証拠です。

 

こういう人は基礎代謝が良く食べても太りにくい人で、褐色脂肪が元気なのです。逆に食事をしてもこの辺りが熱くならない人は、褐色脂肪の働きが鈍いのかもしれません。そこで、活性化させる効果的な方法が「温冷シャワー」です。温水と冷水を交互に、首筋、わきの下、肩甲骨の周辺などに、約20秒ずつ当てていきます。

 

集中的にその部分を刺激することで、短時間で交感神経に切り替わって褐色脂肪州敷性化し始めます。とくに体が活動的になる朝のシャワーがおすすめです。

交感神経を刺激するほかのダイエットと併用を

交感神経にスイッチが入ると脂肪が燃焼されやすくなる仕組みは、いろいろなダイエットに利用されていますね。

 

このダイエットの特徴は褐色脂肪が集まっているところを直接刺激することで、より効果的に褐色脂肪を活性化させる方法です。このほか、前記の部位をストレッチしたり、ダンベル体操も褐色脂肪ダイエットのひとつになります。

 

とくにシャワーを使ったこのダイエットは気軽にできるので、ぜひほかの交感神経を刺激するダイエットと組み合わせてみてください。効果アップが期待できます。運動したり食事に気をつけても体重が減らない人は、基礎代謝や交感神経の働きが鈍っていて、脂肪が消費されにくくなっているのかもしれません。このような人はとくに、褐色脂肪を意識したこのダイエットが有効です。

褐色脂肪を活性化させるシャワー法
  1. うなじから首のつけ根まで
  2. 姿勢を工夫して肩甲骨周辺を
  3. 上から内にむかって円を描くように
  4. わきの下で小刻みに動かす
  5. 腰をひねって腰上に