水太りは迷信。水をたっぶりとりながら食事をすれば、便通もよくなりタイエツト効果が高まる。

水を飲みながら食事をするダイエット方法

昔は水太りなどといって、水を飲むと太るといわれていました。しかし、いまはそんな迷信は誰も信じる人がいないほど、水の効用が広まっています。

 

ウォーター ダイエットといっても、1度に何リットルも飲んだり、水だけ飲んですごす断食ではありません。こういった水の飲み方は、1日くらいはできるでしょうが、長続きしません。何日も水だけで過ごしていると、栄養不足で倒れてしまいます。

 

よく山で遭難した人が救出されるまで、水だけ飲んで何日も過ごしたというニュースを聞きますが、人間の体はとても水だけでは何日ももちません。ここで提唱するのは、食事をしながら水を多めに飲む、というダイエット方法です。

 

食事をしながら水を飲むと食事の時間が長くなります。そうすると、血糖値がゆっくり上昇し、インスリンの分泌を抑え、脂肪がたまらなくなります。

また、水を飲めば、早く満腹感を得られ、全体的な食事量が減ります。また、カルシウムなどミネラル分が含まれている水を飲めば、便通もよくなります。

よく硬水を飲むと便秘が改善されるといいますが、軟水でも水分を多めに摂ることで便秘を改善することは可能です。

ただしがぶがぶ飲むのではなくゆっくり飲むのが大事なポイントです。

ダイエット効果をのぞむならやっぱり硬水

ダイエットに使う水は、基本的に何でもいいのですが、ミネラル分を含んだものがいいでしょう。ダイエットウォーターという商品も市販されていますが、中身は普通のミネラルウオーターとほとんど変わりません。また、国産のミネラルウオーターは、加熱殺菌されているものが多くあまり期待できません。

 

ただし、ろ過式のミネラルウォーターは、天然のミネラル分が含まれています。フランスのエビアなどヨーロッパのミネラルウォーターは、加熱されていないので、カルシウムの含有量が多いのが特長です。

 

カルシウムをたくさんとっても、吸収されるのは3分の1しかありませんが、残りの3分の2は、腸を収縮させる働きがあります。

この収縮は、便秘を解消する効果があります。フランスなどに旅行するとき、「生水は飲まないように」といわれますが、これは水道水の衛生状態が悪いということではありません。フランスなどの水は「硬水」といって、カルシウムなどのミネラル分が豊富に含まれているからです。ふだん「軟水」を飲み慣れている日本人は、こういった水を飲むと下痢をすることが多いのです。

 

逆に、便秘気味の人は、フランス旅行をしているうちに、便秘が解消したということもーのります。また、日本各地に「名水」とよばれる天然水があります。こういった水は、昔から長寿の水などといって、土地の人に飲まれてきました。こういった水を汲んでくるのも安上がりですね。

ミネラル豊富なミネラルウォーターはこちら。

真っ赤な唐辛子は、いかにもダイエットに効きそう。カブサイシン効果で食べた脂肪を分解させよう。

アドレナリンの分泌を促進する働きがある

唐辛子は熱帯アメリカの原産で、コロンブスによってスペインに伝えられました。その後インド、東南アジア、中国に渡来したといわれています。

 

唐辛子は世界中で使われていますが、日本人がこれほど唐辛子を好むようになったのは戦後のことです。エスニック料理、韓国料理などがブームになる以前は、せいぜい薬味や香りづけ、漬け物に少量使われる程度でした。唐辛子の辛み成分であるカブサイシンがダイエットに効果があるということは、いまでは多くの人が知っています。唐辛子をとると、すぐに体が熱くなって汗がたくさん出ます。これは、カブサイシンの作用です。

 

カブサイシンは体内に入ると小腸で吸収され血液中に入ります。そして、脂肪を分解するホルモンのアドレナリンを分泌させます。アドレナリンが出ると体が興奮して、体温が上がり脂肪の分解を促進するわけです。

運動をするときもアドレナリンが出て、体温が上がります。カブサイシンは、これと同じ働きがあるのです。ただ、唐辛子だけでやせようと思ったら、コップ1杯もとらなければいけません。現実には、そんなにとるのは危険なので、適度なカブサイシン摂取と軽い運動を併用するといいでしょう。

運動するときはカプサイシンのサプリを飲む

カプサイシンは、ダイエットだけでなく、便秘解消、新陳代謝をよくし持久力向上、免疫力が向上して風邪の予防などさまざまな効果があります。

唐辛子を使った調味料は、粉唐辛子、ラー油、トウバンジャン、コチジャン、タバスコ、沖縄のコーレーグースなどバラエティに富んでいるので、いろいろな料理からカブサイシンをとることができます。

 

また、辛いものが苦手な人には、辛さを取り除いたカプサイシンのサプリメントがおすすめです。運動前にカブサイシンのサプリメントをとると脂肪が燃えやすくなります。

 

タイや韓国では1日に15グラムとっているそうですが、これらの国は子どものころからゆっくり辛い味に慣らしていくので、刺激に対して胃腸が強くなっているのです。日本人は、とても15グラムなどとれません。せいぜいその半分くらいがリミットでしょう。

 

しかも、唐辛子の食べすぎは、胃を傷めます。また、大量の唐辛子を長期間食べていると、舌が麻痺して辛みだけでなく、甘みや塩味なども感じなくなり、味覚障害を起こします。のどや胃に異常を感じたらやめましょう。ただ、日本の唐辛子と比べると、韓国産の唐辛子は辛みがあまり感じないといいます。少し高価ですが、韓国産のものを使うのもいいでしょう。

 

老化防止にベストなのは体温アップ

 

インドで2000年前から糖尿病治療に使われたギムネマ・シルベスタは血糖値の上昇を抑える働きがある。

甘みを感じなくするので食べ過ぎ防止になる

ギムネマ・シルベスタとは、インド中南部原産のガガイモ科の植物で、インドのほかインドネシア、中国南西部など熱帯・亜熱帯地方にかけて広く自生しています。

 

インドでは、クルマール(糖を壊すもの)と呼ばれており、これだけでも体にいいと思わせます。インドには民間伝承医学アーユルヴェーダがありますが、ギムネマ・シルベスタは2000年以上前から、糖尿病治療、健胃、利尿、強壮などの目的で使われてきました。

 

ギムネマ酸をとると、舌の甘みを感じる部分にくっついて甘みを感じさせなくしてしまいます。回復には1時間以上かかります。甘みを感じなくなると、食欲が落ち肥満解消につながります。

 

このことから、糖尿病に効果的というわけです。しかし、このことはギムネマ・シルベスタの面で、もっとすごい働きもあるのです。

食べものは胃の働きでブドウ糖に分解され、小腸の酵素によって体内に吸収されます。ギムネマ酸をとると、小腸に先回りして、小腸の酵素をブロックしてしまいます。このため、ブドウ糖を吸収する量が大幅に減少します。

腸内バランスを整え、便秘を改善

ギムネマ・シルベスタは、このほか便痛をよくします。小腸で吸収されなかったブドウ糖が大腸で善玉菌の工サとなり、腸内細菌バランスがよくなるからです。

 

また、虫歯予防にも効果があります。ギムネマ酸は、虫歯菌のもつ酵素の活性を阻害して歯垢ができるのを防ぐのです。ギムネマ・シルベスタは、主にサプリメントでとりますが、手軽なギムネマ茶もおすすめです。ギムネマ茶は血糖値が上がるのを防ぐので、食事と一緒に飲むといいでしょう。

血糖値の上昇を抑えるギムネマ・シルベスタ

 

あまりなじみのないカルニチンだが、中性脂肪、脂肪酸を活発に燃やしてくれる。

運動不足の人に必須の成分

カルニチンは、日本では比較的新しいダイエットのアイテムですが、アメリカでは以前からなじみのあるダイエットとして知られていました。

アメリカでは、スポーツが苦手な人い連動する暇がない人、仕事で座っていることが多い人、1日中車に乗っている人などがカルニチンのサプリメントを愛用しています。

 

カルニチンは、必須アミノ酸であるリジンとメチオニンによって主に肝臓で生成され、主に骨格筋と心臓の筋肉に含まれています。

 

カルニチンは、細胞内のミトコンドリアの膜の部分で待ち受けて、血液で運ばれてきた脂肪酸を次から次へと分解して、ミトコンドリアに送り込んでいき、やがてエネルギーとして消費されます。

 

しかし、ミトコンドリアに入れなかった脂肪酸は、エネルギーとして消費されず脂肪に合成されて体内に蓄積します。このようにカルニチンは、血液中の脂質を筋肉に運び代謝を促進するために重要な働きをしているのです。

 

しかし、カルニチンは20代をピークに年を取るとともにだんだん減少していきます。これは、体内の合成能力が衰えるためです。そこで、体外からカルニチンを補ってやることが、肥満防止になるというわけです。カルニチンは、食べものでは肉類に含まれており、ラム肉には豚肉の5倍のカルニチンが含まれています。

カルニチンはサプリで摂取する

カルニチンは、心臓の筋肉に多いことから、心臓の働き朋にも重要なかかわりがあります。心臓は、心筋という筋肉によって日夜動き続けています。

心筋のエネルギーとなるのは70% が脂肪なので、年とともにカルニチンが減少して心筋に取り込まれる脂肪が少なくなります。そうすると心臓の動きが悪くなるのです。このことから、カルニチンは血液透析、肝硬変、糖尿病、心臓病、心筋などの動脈疾患、静脈栄養など医療現場でも使われているのです。

 

カルニチンは必須アミノ酸から生成されるので、アミノ酸を多くとっていると体内のカルニチンを増やしてくれると考えられます。牛肉、ラム肉の赤身の部分には、カルニチンそのものが多く含まれています。しかし、必要量のカルニテン(1 日3 0 0〜500ミリグラム)をとろうと思ったら、ラム肉を1日500クグラム食べなければいけません。とても、こんなには食べられませんよね。このように、食べものだけで必要量のカルニチンを摂取するのは難しいのです。いまのところ、サプリメントを利用するのが一般的です。

カルニチン - 効能、効果

葉っぱに血糖値を下げる効果が発見され、新たなダイエット素材として注目を集める。

果実ではなく葉っぱに有効成分が含まれる

グァバは、東南アジアや熱帯アメリカ原産のフトモモ科の植物です。日本では沖縄にも自生しており、ぱんじろうと呼ばれています。グアバの果実は、ビタミンCが豊富に含まれており、トロピカルなジュースとして人気があります。

 

しかし、このジュースは、ダイエットに効果がありません。ダイエットで注目を集めているのは果実のほうではなく、グァバの葉っぱのほうです。

グァバの葉っぱは、長さ5〜17センチ、幅4〜8センチの楕円形をしており、噛むと苦味や渋味があり、とても食用にはなりません。ただ、葉っぱは下痢や消化不良によく効くということで、一部では薬用として利用されてきました。

 

中国では血糖値を下げることから、糖尿病の薬として用いられてきました。しかし、近年、グアバの葉っぱに含まれる「グァバ葉ポリフェノール」が、血糖値を下げる効果があることがわかり、いちやく注目されるようになりました。

ポリプ工ノールは、お茶、ワインなどが有名ですが、グアバ葉ポリフェノールをはひとあじ違う働きがあります。

 

胃からは、食べものの糖質を分解してブドウ糖に変換する酵素が分泌されます。グアバ葉ポリフェノールは、この酵素の活性化をブロックするのです。糖質はブドウ糖に変換されなければ吸収されません。このことから、インスリンの分泌が抑えられるだけでなく、ブドウ糖が脂肪に変わる量が少なくなり、結果的にダイエットに効果があるわけです。

ポリフェノールのほか有効性成分が多く含まれる

グァバの葉っぱは、ポリフェノールのほか葉緑素、葉酸、ビタミンA・B2・C・E・カリウム、食物繊維が含まれています。中でも果実にもたっぶり含まれているビタミンCには、抗酸化作用があり、循環器系の病気を防止したり、皮膚の老化を防止する効果があります。

グァバの葉っぱは、一般的には乾燥させてお茶にして飲みます。そのほか、葉っぱからエキスを抽出した健康食品もあります。グァバ茶は、果実と違ってトロピカルな昧はしません。味はくせも匂いもなく、ほうじ茶のような感じでとても飲みやすいと思います。グァバ茶は日本茶と同じように、熱湯を注ぐだけでよく、甘く、ほのかな香りがただよってきます。

 

また、冷蔵庫に保存して、冷えたお茶にしてもおいしく飲めます。グァバ葉ポリフェノールを日日常的とるには、まさにお茶代わりにグァバ茶を飲むのが手軽です。しかも、グアバ茶は、ほかの健康食品よりかなり安いため、ダイエットを長続きさせることができます。